(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●番外編、孔明の死後の三国志について
「人形劇三国志」は全68話で終了しています。しかしながら孔明の死後も蜀は存在しています。それではその後、蜀はどうなったのか?を気になる方も(私を含め)少なからずいると思われます。

そこで「人形劇三国志」第69話以降として番外編をご紹介したいと思います。
●呉の孫権、その後
孫権は229年に皇帝となり、後継者に孫登を皇太子として指名します。

しかしながら、孫登は夭逝してしまったため孫権の後継者争いがなされる事となります。これが「二宮事件」と呼ばれる呉の内部での政治紛争のはじまりなのですが…。

243年、呉の内政を支えていた丞相の顧雍が逝去します。そこで孫権は丞相の後任として大都督の陸遜を指名しますが、陸遜は荊州の統治をしていたため孫権の居る首都の建業は丞相不在という状態になってしまいます。

※内政に関して孫権の輔佐がいない事を意味します。
●孫和派と孫覇派の対立
孫権の三男である孫和と四男である孫覇、孫権はこの2人を呉の皇太子として同等の扱いとしてしまったため孫和派には陸遜・諸葛恪・顧譚・朱拠・滕胤・朱績など、孫覇派には全・歩隲・孫弘・呂岱・呂拠・孫峻などと呉の有力な武将が対立する構図となってしまいました。その結果、多くの武将が左遷・流刑によって失われる事となります。

※この件は陸遜が逝去する遠因となったと言われています。

更に孫権は末子である孫亮を溺愛し皇太子としてしまったため、呉の政局は混乱を極めてしまう事となります。
●孫権の決断
呉の多くの人材を失う結果となった二宮事件、この異常事態を止めるために孫権は孫和の皇太子廃位、孫覇の死罪と孫亮の皇太子即位によって決着を迎えます。

しかし、孫亮は当時わずか8歳。そして252年の孫権の死後、皇帝となった孫亮ですが260年、17歳の短い生涯を終えます。

結果として呉が滅びる原因となったのは魏でも蜀でも無く呉の内部紛争と孫権の曖昧な態度にあったと言えます。

番外編「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第71話(番外編)「仲達(司馬懿)一族の飛躍!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第70話(番外編)「魏の曹叡と仲達、その後」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第69話(番外編)「魏延と楊儀の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第68話「孔明五丈原に死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第67話「泣いて馬謖を斬る」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト