マツダ、クロスオーバーSUV「CX-9」の新型をオーストラリアで初公開

写真拡大

マツダは18日、オーストラリアのシドニーで10月18日から28日の期間に開催される『2012年オーストラリア国際自動車ショー』にて、クロスオーバーSUV「CX-9」のマイナーチェンジモデルを世界初公開すると発表した。

同車は、2012年後半よりオーストラリア市場に導入される予定。

新型CX-9は、同社の新しいデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」の要素をフロントとリアに取り入れ、従来に増してスポーティで力強い存在感を放つスタイリングへ進化したほか、質感が高く洗練されたインテリアになっているとのこと。

装備類には、最新のオーディオ、ナビゲーションシステム、音声認識機能などのインフォテーメントシステムや、前方衝突警報システム、車線逸脱警報システム、ハイビームコントロールシステムなどの安全装備を採用。

パワートレインは、現行モデルに引き続いてMZI 3.7L V6エンジンと6速オートマチックトランスミッションの組み合わせを採用している。

また、「SKYACTIV技術」と魂動デザインを全面採用した新世代商品の第2弾であり、同社独自の減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」(アイ・イーループ)を初搭載する新型「Mazda6」(日本名 : アテンザ)も同自動車ショーにて豪州初公開される。