(社)日本家具産業振興会とメサゴ・メッセフランクフルト(株)は、このほど東京・飯田橋のホテルメトロポリタンにて記者発表会を開き、来る10月17日(水)〜19日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催する「IFFT/インテリアライフスタイル リビング」の概要を発表した。

今回の「IFFT/インテリアライフスタイル リビング」は、大幅リニューアルした姉妹見本市「インテリア ライフスタイル」(6月展)と同様、「Creative Direction」(青木昭夫氏、小柴大樹氏、南村弾氏、本間美紀氏)のプロデュースにより会場構成をリニューアル、テーブルウェアやキッチンツールなどが集まる「KITCHEN LIFE」、ハウスウェア、バストイレタリー、デザイン家具などのエリア「EVERY-DAY」、海外出展者エリア「GLOBAL」、ギフトアイテム、ステーショナリー、キッズアイテムを集約した「ACCENT」、家具、ホームテキスタイル、照明などのインテリアアイテムエリア「HOME」、そしてプレミアムエリア(審査制)として日本のものづくりとデザインの融合を目指す「JAPANSTYLE」、最新のデザインプロダクトが集まる「MOVEMENT」というゾーニングで行われる。これらのゾーニング区分の下、さらにテーマ別、地域別などで特別エリアを展開、家具関連では旭川、石川、静岡、岩手の各家具産地が団体出展する他、「GLOBAL」内には中国、フィンランド、台湾がパビリオン出展、6月展で人気のエリア「NORDIC LIFESTYLE」も初展開する。さらにテキスタイル関連では「FABRICATION BRANDS」としてニーディック、デザイナーズ・ギルド、ローラアシュレイ、ヤコブシュレイファーなど国内外ブランドが出展する。出展者数は12カ国・地域から305社(9月18日現在)。

また特別企画についても新たなコンセプトを導入、これまで完成品展示を基本としてきた同展に、今回新たな取り組みとしてマテリアルや造作にスポットを当てた「Creative Resource(クリエーティブ・リソース)-素材と造作のちから」を展開、アクリル、アンティーク材料、装飾用シート、組子など素材の可能性や職人の技術力を訴求することで、見る者の想像力をかきたてる「編集型ライフスタイル」を提案する。
この他、恒例のハイムテキスタイル最新トレンドを世界に先駆けてプレビューする「Heimtextil TRENDS 2013/2014 Preview」、リノベーション、トレンド、ビジネスの3つの切り口で行われるトークショー「Lifestyle Salon 2012」も実施、「Trend Café」については、テキスタイルをテーマにした「Fabrication cafe」が行われる。

なお記者発表会の冒頭で、(社)日本家具産業振興会の加藤知成会長は「家具・インテリア業界は交流する機会が足りません。当見本市は家具業界にとどまらず、国内外からさまざなまな方々が来場します。出展者はもちろん、他の地域、あるいは他の業界の方々と交流することで家具の可能性をより広げ、ビジネスにつなげていただきたい」と挨拶した。