中国の通販サイトで人気の「ニセ妊婦」グッズ

写真拡大


財務省の調べによると、2012年1〜6月に日本に輸入された「ニセモノ」の94.3%が中国製だったという。昨年同期比で22.3%も増加。海外の消費者を騙して大きな利益をあげる中国の業者は、さらに増えているようだ。

そんな「ニセモノ大国」で、自国の友人や会社の同僚を欺くためのグッズが通販サイトで人気を集めているという。日本の漢字に置き換えると「妊婦偽腹」。妊娠している女性になりすますためのシリコン製パッドである。


妊娠周期に合わせて大・中・小のサイズあり


中国の検索エンジン「百度」をチェックすると、人間のお腹を模したピンク色の物体の画像がヒットする。妊娠周期に合わせて、小号(S)・中号(M)・大号(L)の3種類があるようだ。


この商品を紹介したTOKYO MXテレビ「チェックタイム」(2012.8.28放送)によると、価格は安いものでは約5000円、高いものだと約1万5000円するという。医療用の高品質なシリコンで作られており、色や手触りもホンモノそっくり。「双子タイプ」や「四つ子タイプ」もあるというから驚きだ。


何のために、このようなモノが作られているのか。比較的よい使われ方としては、子どもができない夫婦が養子を招くときに、子どもの将来を考えて近所の人たちに妊娠を偽装するというケースがあるという。


しかし、悪い使い方をする人もいる。バスなどの公共交通機関で他人に優先席を譲らせたり、会社のリストラ対象から自分を外させるために装着する女性もいるようなのだ。


体調の悪そうな妊婦に席を譲ったと思ったら、実は「偽腹」を巻いた健康な女性だった、なんてことが中国では起こりうる。


「実は妊娠しまして」と告白する女性をリストラするのは忍びない、という心理は中国でも同じようだ。そんな同情心を買えるなら、数万円など安いものなのかもしれない。ただ、中国のサイトにも「このような行為は他人に対して公正ではない」というコメントが添えられている。