外務省が「反日デモ」に注意喚起--18日は特に慎重な行動を、19日以降も注意

写真拡大

外務省は同省のホームページ上で、「中国全土:最近の日中関係の動きにかかる注意喚起(その3)」を掲載している。

これによると、9月18日が柳条湖事件(満州事変)の発生日でもあることから、中国国内各地で抗議デモが呼びかけられており、過激な抗議行動となる可能性があるとし、18日は特に慎重な行動を、また、19日以降も引き続き自身の安全確保に十分注意するよう呼びかけている。

9月10日の尖閣諸島の取得・保有に関する日本政府の発表以降、15日〜16日には、北京をはじめとして全国各地で抗議デモが行われ、山東省、湖南省、江蘇省、四川省、広東省など一部地域においては日系企業、店舗に対する破壊・略奪が行われる事態となっている。

在中国の各公館に対する抗議活動も週末を中心に断続的に続いている。

外務省では、そのような状況の中,9月18日が柳条湖事件(満州事変)の発生日でもあることから、中国国内各地で抗議デモが呼びかけられており、過激な抗議行動となる可能性があるとしている。

また、抗議デモ以外の場所においても、邦人への暴行被害があるほか、邦人に対するタクシーの乗車拒否やバス、市中での嫌がらせなども発生しているという。

外務省は、今後、旅行、出張等で中国に渡航・滞在する予定の人、または既に滞在中の人は、報道及び渡航先最寄りの日本の大使館または総領事館から最新の情報を入手するとともに、以下の諸点に留意の上、9月18日は特に慎重な行動を、また、9月19日以降も引き続き自身の安全確保に十分注意するよう呼びかけている。

9月18日は、中国国内の日本公館前においては激しいデモが予想されるところ、緊急の場合以外は在外公館前には近づかない。

緊急の場合は、各公館に連絡の上、対応を相談する不要不急の外出はできる限り避けるとともに、通勤などで外出する際にも周囲の状況に格別の注意を払い、広場など大勢の人が集まるような場所では特に注意する。

実際に集会やデモ行進が行われている現場には近寄らない一人での夜間の外出は控える(酒場など人が集まる場所は避ける)できる限り一人でタクシーに乗車しない日本人同士で集団で騒ぐなどの目立った刺激的な行為は慎む在中国日本国大使館及び各総領事館,外務省海外安全ホームページなどをチェックする