河原啓一郎さん「世界の田舎に泊まろう!」より。微博のほうには、中国人から8万件近いコメントも

写真拡大

17日、中国に滞在中の河原啓一郎さんが、中国人に襲われたと、微博(中国版ツイッター)や自身のブログで報告した。

河原さんは今年の2月、自転車による世界一周旅行中に、中国の武漢で自転車を盗まれたことで話題になった男性だ。地元TV局によって盗難が報じられると、市民の協力もあり、無事自転車は見つかったが、中国ネット掲示板では「日本人だから警察が特別扱いしたのでは?」とも議論になった。現在は、9月に雲南省で起きた地震の被災地へ支援に向かっている途中のようだ。

ブログでは中国人に襲われた経緯を詳しく書いている河原さん。突然、20人くらいの男に囲まれ、腕をつかまれ、行く手を塞がれたといい、さらには、男たちから体当たりをされ、身の危険を感じた河原さんと同行者は、その場所から逃げ出した。

しかし、警察に電話をしても、自動音声サービスが流れるだけで繋がらなかったという。その後、友達の家族にバイクで助けにきてもらい、それに乗って、追ってきた男たちから逃げたと綴っている。

河原さんが中国人に襲撃されたことを微博で報告すると、そのつぶやきには、中国人から8万件近くのコメントが寄せられ、その多くが「ごめんなさい」「何回も謝りたい」「中国人を代表して謝る」と、河原さんに対する謝罪のコメントばかり。また、雲南省の被災地に薬を届けにいくことに対し、応援や感謝の意を示すコメントも多く寄せられている。

【関連記事】
自転車で世界一周旅行中の日本人、中国で自転車盗難に遭うも市民の力で無事に見つかる
日本人旅行者が自転車紛失でVIP待遇 中国で議論を呼ぶ(1)サ
日本人旅行者が自転車紛失でVIP待遇 中国で議論を呼ぶ(2)
自転車盗難、別に日本人だから特別視したわけでない=武漢警察

【関連情報】
ー襲われる・・。ー(河原啓一郎さんの公式ブログ)
河原啓一郎さんが襲撃を受けたことを微博で報告した書き込み