(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●番外編、孔明の死後の三国志について
「人形劇三国志」は全68話で終了しています。しかしながら孔明の死後も蜀は存在しています。それではその後、蜀はどうなったのか?を気になる方も(私を含め)少なからずいると思われます。

そこで「人形劇三国志」第69話以降として番外編をご紹介したいと思います。
●曹爽一派の増長と仲達(司馬懿)一族の雌伏
曹芳が皇帝に即位してから暫くの間は曹爽一派と仲達(司馬懿)一族は表面上こそ特に抗争はありませんでした。しかしながら、呉の朱然・諸葛恪の侵攻を仲達一族が阻止した件、曹爽の蜀漢出兵の失敗(この出兵に対して仲達は失敗すると予期していたため反対していました)の件から、両者の不仲は表面化していったのでした。

その後、曹爽一派は増長し、特に曹爽の判断ミスで呉の侵攻による大損害を受けた件以降、身の危険を感じた仲達は高齢を理由に隠居を決める事となったのです。
●仲達(司馬懿)一族のクーデター
隠居の身の仲達の様子を見舞いに来た曹爽一派の李勝の目の前で、仲達は薬をこぼしたり名前を間違えたりと耄碌振りを見せます。この事から曹爽一派は仲達は役に立たない老いぼれだと認識したのですが…。

実はこれらも仲達の演技で曹爽一派を欺くためのものだったのです。おかげで曹爽一派は仲達に対してすっかり油断してしまいます。

そして正月に曹爽一派が曹芳の共として墓参りに出掛けている最中に仲達(司馬懿)一族はクーデターを起こします。そこで仲達は郭太后(曹叡の皇后)に上奏し、曹爽一派の官職を解任したうえで曹爽一派を戦わずして降伏させてしまいます。

※孔明も勝てなかった仲達(司馬懿)一族に対して曹爽一派では勝ち目は無かったと思われます。

その後、仲達(司馬懿)一族は曹爽一派を謀反の罪で一族郎党皆殺しとしてしまいます。
●その後の仲達(司馬懿)一族
仲達(司馬懿)一族に対して、王淩らの企てた楚王曹彪を擁立して曹氏の実権を取り戻さんとするクーデター計画もありましたが、仲達に見抜かれ未遂に終わり、やはり一族郎党皆殺しとなってしまいます。この件によって魏は完全に仲達(司馬懿)一族が実権を握る事となります。

251年、仲達は逝去しますが、仲達の二男である司馬昭の子の司馬炎が魏より禅譲を受けて皇帝となり、晋国を建国します。

※曹爽一派の誅殺後、身の危険を感じた夏侯覇(夏侯淵の子)が蜀漢へ亡命する事になります。この夏侯覇亡命の件は人材が枯渇していた蜀漢の唯一の光明だったのかも知れません。

番外編「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第70話(番外編)「魏の曹叡と仲達、その後」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第69話(番外編)「魏延と楊儀の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第68話「孔明五丈原に死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第67話「泣いて馬謖を斬る」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第66話「出師の表」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト