提供:リアルライブ

写真拡大

 5月の大相撲夏場所(両国国技館)で、昭和以降の史上最高齢(37歳10か月)優勝を果たしたモンゴル出身の旭天鵬(友綱)に、またひとつ大きな勲章が加わった。

 7月の名古屋場所、東前頭筆頭で2勝13敗と負けが込んで、今秋場所(両国=9月9日初日)は東前頭11枚目まで番付を落とした旭天鵬が、初日から8日目(16日)まで土つかずの8連勝。通算勝ち星が812勝となり、ハワイ出身の元関脇・高見山(先代・東関)と並び8位タイとなった。これで、旭天鵬は外国出身力士としては、通算勝ち星でトップに並んだ。

 高見山といえば、外国出身力士のパイオニアで、ファンに絶大な人気を誇った。偉大な先輩に並んだ旭天鵬は「数字の上では先輩と同じところ。うれしい」と笑み。

 参考までに、おもな外国出身力士の通算勝ち星は元大関の小錦が733勝、元横綱の曙が654勝、武蔵丸(現・大島)が779勝、朝青龍が669勝、現役の白鵬が698勝(16日現在)で、812勝がいかに偉大な記録かが分かる。

 高見山は72年名古屋場所(7月)、平幕で初優勝し、翌秋場所(9月)に新関脇となったが、大関に上がることはできなかった。本人は「40歳まで現役」を強く望んでいたが、39歳を過ぎて力は衰え、84年春場所(3月)に十両陥落。翌夏場所(5月)は西十両12枚目で、2勝13敗に終わり、幕下陥落が確実となったため引退した。目標の40歳まで、あと1カ月だった。

 旭天鵬は場所中の13日に満38歳となった。40歳まで、あと2年。旭天鵬の良さはケガが少ない頑丈な体をもっていることで、序二段時代の92年秋場所(9月)での全休以降、故障による休場が一度もない(07年夏場所で人身事故を起こしたことによる出場停止あり)。

 タフネスさが売りの旭天鵬。ぜひとも、高見山が成し遂げられなかった「40歳まで現役」を果たしてほしいものである。
(落合一郎)