大人になっても抜けない子どものころからの行動癖




子どものころの行動癖が、大人になっても抜けないということはよくあるもの。中には意味不明な行動だったり、みんなとは違う一風変わった行動を取ってしまうこともあったりするようで……。マイナビニュース読者に「大人になっても抜けない子どものころからの行動癖」をアンケートしました。





調査期間:2012/6/5〜2012/6/10

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■抑え切れない衝動的行動

「間違えをごまかすために、激しく踊ってしまう」(26歳/女性)

「感情が高ぶっていると、飛び跳ねてしまう」(23歳/女性)

「考えが詰まると、トイレにこもってしまう」(25歳/男性)

「タダでもらえるものをどうしてももらいにいこうとする」(29歳/女性)

「鳩を見かけると追いかけてしまう」(22歳/女性)



冷静になれなくなる瞬間っていっぱいありますよね。



■人には見せられない行動

「鼻くそをほじってこねこねしてしまう」(25歳/女性)

「イライラしているとつめをかんでしまう」(27歳/女性)

「体のあかを丸めて団子にする」(39歳/男性)



好きな人の前では絶対にやらないようにしたいですが。



■謎すぎるマイルール行動

「マンホールを右足で踏む」(28歳/女性)

「マンホールは左足で乗る」(60歳/男性)

「階段は左足から上る」(29歳/女性)

「階段の2段目は踏まない」(30歳/女性)

「横断歩道では白線を踏まない」(28歳/女性)



理由はよくわかりませんが、ジンクスみたいなもの?



■食にまつわる行動

「みかんの薄皮をきれいにはぐ。そのまま食べればいいのに」(32歳/女性)

「ヤクルトのアルミぶたに小さく穴をあけて時間を掛けて飲む」(30歳/男性)

「寝る前に必ずチョコパイを食べる」(30歳/男性)

「冷蔵庫を開けて、中を確認して何もせずに閉める」(24歳/女性)



最後の方の行動は私もよくやってしまうので分かります。



■そのほかの行動

「薄い生地のものを人さし指と中指の間に挟んでピロピロする」(31歳/女性)

「街頭で配っているチラシを持って帰る。絶対に見ないのに」(36歳/男性)

「ビックリマンシールのファイリング」(33歳/男性)

「車の中で対向車が来るとつま先を上げる」(25歳/女性)

「飛行機を見ると指で捕まえてしまう」(28歳/女性)

「葬式の前を通るときに親指を隠す」(37歳/女性)

「同性に対して恋心を持ってしまう」(22歳/男性)



癖といっていいのか、難しいコメントもありましたが……。



「三つ子の魂百まで」とは言いますが、体に染み込んだ癖は、自覚していてもなかなか変えられませんよね。体は大人になっても、中身はそんなに子どものころと変わるものじゃないのかもしれません。



(根岸達朗/プレスラボ)