中国の反日デモでサムスンなど韓国企業が攻撃受ける 日本企業と誤認か?

写真拡大

尖閣諸島をめぐる中国の抗議デモが各地に広がるなか、中国に進出したサムスンなど韓国企業が日本企業と間違えられてデモ隊から攻撃を受けるという事態が発生している。

韓国の報道によると、17日、韓国のコミュニティーサイトに「韓国の店の前で反日デモをする中国人」とのタイトルの書き込みが登場し、サムスンの看板を掲げた店舗が放火されて燃える様子と、中国のデモ隊が韓国飲食店の前で抗議している様子を映した写真が紹介された。写真は中国人が撮影したもので、現地のコミュニティーサイトに掲載されていたものを韓国人ユーザーが見つけてきたのだという。

中国ではサムスンを日本企業と認識している人が多いようで、関係のないサムスンを間違って攻撃しているようだ。デモ隊が押し寄せた韓国飲食店は、トッポギや饅頭など韓国料理を販売する店だが、看板にハングル表記だけでなく日本語表記もあったことから日本料理店と誤認されたとみられている。

韓国のインターネット上では、中国で激しさを増す反日デモが、韓国企業にまで被害を与えるのではないかと憂慮する声が寄せられている。「日本の企業と見分けがつかないのか?」「一体、日本が嫌いなのか、それとも世界が嫌いなのか」「中国当局が取り締まらないというのが一番の問題」「愛国心を理由に泥棒行為をしているだけ」「野蛮だ」などと中国を批判する人は多い。

参照:東亜日報
参照:ヘラルド経済

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。