新しくなったiOS6の地図アプリがハングルで「独島」と表示 「竹島」は日本語版のみ

写真拡大

米アップルが19日から提供を始めるiOSの最新版「iOS6」で、日韓両国が領有を主張する竹島(韓国名・独島)を検索すると、言語バージョンによって竹島の地図のところに表示される名称が異なることが分かった。

韓国メディアのZDNetは16日、iOS6のリリース用バージョン(GM)で竹島を検索すると、日本語版だと日本語で「竹島」、韓国語版だとハングルで「独島」と表示されると伝えた。ZDNetは、「iOS6のベータバージョンは、韓国語版なのに“竹島”と表示された。それに比べると良くなった」とし、ベータバージョンで指摘されていた“独島”の検索不可は避けられたと伝えた。だが、「未だに日本語版に設定を変えると“竹島”と表示される」とし、言語によって表示される名称が異なる状態にあるとした。

韓国では今年6月、iOS6のベータバージョンが“独島”を検索できないことがネットユーザーの指摘で判明し、大きな騒動になっていた。どうやら、アップルは両国の反発を考慮し、今回の最終版が発表されるまでの間にハングルによる“独島”表記を追加し、2つの表記を同時に採用したようだ。

しかし、問題なのは、追加された“独島”表記が韓国語版だけではないようだということ。ZDNetは、「英語版や中国語版でもハングルで独島と表示される」と伝えており、“独島”表記がほかの言語版にまで加えられていることを明かしている。

韓国は、インターネット上の地図データ書き換えなど、地道な作業を通じて「独島」表記の世界的な普及を図っている。iOS6で英語や漢字による“独島”表記はまだないようだが、「気がついたらすべて“独島”になっていた!」という事態にならないよう警戒した方がいいかもしれない。

参照:ZDNet
参照:Chosun Biz

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。