ポール神田の世界は英語でつながっている! (2) 海外テレビドラマの字幕を半分読めなくしよう!

写真拡大

ボクが学生時代のころ、英語教材といえば、セールスマンの人たちが、豪華なケースにはいったカセットテープを販売するという時代だった。

当時は訪問販売が多く、百科事典から、LLラジオカセットレコーダー(自分の声も教材に録音できるラジカセ)までも英語教材として多く販売されていた。

そのころのセールストークは、「1日たったコーヒー1杯(当時は200円くらい)で、英語が習得できます」。

つまり月間6,000円、2年のローンで約15万円。

それでもよく売れていたようだ。

しかし、単調な教材なので、買ったはいいけど、継続が難しい。

ボクも知人が買った(買わされた?)教材を破格の価格で下取りして始めてみたものの、豪華なアタッシュケースに入った教材を出し入れするだけでも面倒くさかった(笑)。

すぐに飽きてしまってさらに破格の値段で知人に売った…。

ほかに英語教材といえば、NHKのラジオ「基礎英語」や「100万人の英語」などをラジカセで録音するか、購入するというパターンが主だった。

実際に「生」の英語を聞く機会といえば、現在のインターネット世代とは雲泥の差。

選択肢は、映画館の洋画くらいしかなかった。

もしくは、米軍基地向けのFEN(現:AFN])をノイズばかりの中で聞くことだった。

しかし、現在はどうだろうか……ありとあらゆる教材に囲まれ、何をどこからどうやって手をつけていいのかわからなくなるほど選択肢が無尽蔵にある。

一番手軽な教材は何だろう?ボクが今、一番見たり聞いたりする機会が多いのが、NHKの海外向けに放送している「NHK World」だ。

ウェブだけでなく、iPhoneやiPad Androidなどのアプリもあるので、ぜひ一度試してみてほしい。

すきま時間だけで、ニュースを動画で知ることができて便利だ! 英語で聞いたNHK Worldのニュースの意味がまったく理解できなくても、一向にかまわない。

その日の日本語のニュースをウェブや夜のテレビでも確認することができるからだ。

NHK WORLDを見続けるうちに、わからなかった部分も、なんとなく予測することができるようになってくる。

「Prime Minister Yoshihiko Noda says…」とくれば、「野田総理は今日何を発言したんだろう?」というように英語に対して条件反射できる。

その後に 難しそうな単語がズラズラと続いたとしても、テレビやウェブのニュースも日本の状況が勝手に耳に入ってくるので理解しやすい。

「Democratic party」が民主党で「Liberal Democratic Party」が自民党。

そもそも、「Party」の語源はラテン語の「PATIE(分ける)」から派生している。

ほかに「apartment(アパート)」や「part time job(パート)」「participation(参加者)」「portion(分け前)」「particular(特別の)」「proportion(比例)」とラテン語の語源がわかると英単語の本来の持つ意味がわかる。

また、NHKのテレビのニュースのほとんどが、副音声は英語でも放送されているので、副音声にしておくのもいいだろう。

日本のニュースを英語で聞くのは、タイムリーであればあるほど、ニュースにも英語の知識のどちらにも役に立てる。

ただ、テレビはダラダラと見がちなので、時間が来たら自動的にスイッチが入り、自動的に切れるというタイマー機能を活用するのもありだろう。

最近は、テレビで、せっかくの副音声で楽しめる映画がなくなったので聞く機会がなくなったことが残念で仕方がない。

これだけ語学の需要があるのだから、日本の地上波でもグローバルな番組構成は必要だろう。

総務省あたりも各テレビ局に英語番組の制作を電波割り当ての条件にするなどそろそろ行ったほうが今後の日本のタメになるかもしれない。

この方法は、英語と同時に日本のニュースを知ることができるので一石二鳥だ。