日本一のぶどうの郷、山梨県笛吹市で「ぶどうEXPO 2012」開催中

写真拡大

恒例の「ぶどうEXPO 2012」が山梨県笛吹市で9月1日からはじまった。

11月30日までの開催期間中、市内各所でさまざまな関連イベントが行われる。

イベントのひとつが”ウェルカムフルーツ”だ。

JR石和温泉駅改札で11月3日(土)までの土曜、日曜、祝日の15時00分と16時00分、特急停車時間に合わせて、山梨県産の旬のぶどうやぶどう100%ジュースが観光客に無料でふるまわれる。

9月のイベントとしては、JAZZの生演奏をワインとともに楽しむ「ザ・いさわJAZZ」が9月22日(土)13時00分から、20時00分のラストステージまで石和温泉で行われる。

ミュージックチャージ&入場料は500円で、ワイン(1杯300円)やフランクフルトソーセージ、焼きそば、焼き鳥、カレーなどの屋台が出店される。

ライブのタイムスケジュールは、13時00分からBBBビッグバンド、15時00分からSwing-Bird-JAZZ オーケストラ、19時00分から大坂昌彦クインテット1st、20時00分から大坂昌彦クインテット2nd。

一流のジャズプレイヤーの生演奏がワンコインで楽しめる。

また、9月30日(日)まで、宿泊券・ぶどうが当たる抽選会を開催。

御坂町観光協会フルーツ部会加盟の各観光農園で、ぶどう、ワインなどを購入した人が対象だ。

10月中旬には当選者に賞品が発送されるという。

秋のワインと言えばヌーボー。

ボージョレ・ヌーボーは11月第3木曜日解禁だが、山梨県産ワインの新酒「やまなしヌーボー」の解禁日は11月の第1土曜日。

11月2日(金)22時から翌日3日(祝)1時00分まで「ヌーボーde乾杯!カウントダウン」が行われる。

0時00分の解禁に合わせてカウントダウンを行い、参加者全員で「やまなしヌーボー」で乾杯するというもの。

会場は、「石和源泉足湯ひろば」。

地元笛吹市産のワインが多数用意されるほか、ワイン足湯、郷土料理、ステージイベントなどお楽しみが盛りだくさん。

入場は無料だが、飲食コーナーは有料となる。

晩秋の山梨を彩るイベントとして首都圏のワイン愛好家の間で人気の高い、ワイナリーの周遊イベント「ワインツーリズムやまなし2012」は、11月17日(土)、18日(日)8時30分〜17時30分に開催が決定。

これは、エリア内を巡回するバスをうまく利用して、お目当てのワイナリーを訪ねるというもの。

ワイン好きにはたまらないイベントだ。

ルートは17日が”一宮ルート”、”勝沼ルート”、”塩山ルート”で18日が”石和・御坂・八代ルート”、”甲府ルート”の予定。