あかりと花、草、木の演出。栃木県鬼怒川・川治温泉郷で「月あかり花回廊」

写真拡大

鬼怒川・川治温泉郷で、あかりに照らされた自然をめでる「月あかり花回廊」が開催される。

テーマは「月あかりの下で自然と人のやさしさに出会う」。

地域の宝は「自然」という考えで、温泉地の観光客に自然や人とのふれあいを通じて思い出にしてもらおうというイベントだ。

開催日時は川治温泉9月15日(土)〜23日(日)、鬼怒川温泉9月22日(土)〜10月1日(月)となる。

あかりの点灯時間はおのおの18:00〜21:00まで。

会場は鬼怒川温泉は鬼怒川公園〜野外ステージ、川治温泉は川治ふれあい公園周辺。

鬼怒川温泉郷会場のみどころは、水面に映るあかりでいけ花を演出する「月の泉」、鬼怒川温泉に住み邪気を払い福を招くという「邪鬼」をライトアップした「鬼怒の森」、栃木県内の作家による、あかりの作品を展示する「作家の森」。

また、竹にあかりを灯す竹取物語を題材にした展示、鬼怒川地区の小学生、幼稚園の園児たちによる「みんなのあかり」などもある。

23日(日)18:00からはオカリナ奏者、宗次郎氏によるコンサートも行われる予定。

入場料無料。

宗次郎氏は、NHK特集「大黄河」の音楽を担当したほか、映画「良寛」、「おにぎり」、「THE WINDS OF GOD」などの音楽を担当したミュージシャン。

演奏に使用するオカリナはご自身の手作りだということだ。

さらに、「月あかりのコンサート」と題して琴や篠笛などの和楽器を中心とした演奏も行われる。

川治温泉郷会場のみどころは「川治ふれあい公園」を中心に温泉街を手作りの丸行灯で演出する「秋の宵どころ」、男鹿川を幻想的にライトアップする「川のせせらぎ」など。

男鹿川は遊歩道も整備されており、安心して散策することができる。