栃木県の那須ハイランドパークが子育てするイクメンを9月25日まで優待

写真拡大

期間中、小人(3歳〜小学生)の入園と乗り放題の「ファンタジーパスセット」(3,500円)を購入すると、大人(男性保護者)の通常1,500円の入園料金が無料に、3歳未満のお子さまをお連れの場合も大人(男性保護者)の入園料金が無料になる。

ただし、チケットを購入時に、子ども同伴の上、窓口で「イクメン割引」と伝えること。

那須高原の大自然の中、敷地面積50万平方メートルの広さを有する遊園地「那須ハイランドパーク」。

10大コースターをはじめ約40種のアトラクションがそろい、うち半数以上が小さな子どもから楽しめるため、子どもに人気のスポットとなっている。

那須連山や茶臼岳、関東平野などの眺望も楽しめる遊具もそろうほか、2012年3月1日から常設のイベントとして「BANDAI・キャラクタートイスタジアム」が登場。

さらに夏からは体験回遊型イベント「The Next Hello Kitty」(ザ・ネクストハローキティ)を開催している。

また、園内を流れる自然の渓流では、魚釣りや、山野草を楽しむこともできるほか、天然温泉の源泉掛け流しの足湯では遊びつかれた足をリフレッシュすることもできる。

日本でも数少ない自然と融合した遊園地だ。

さらに、那須ハイランドパークは「恋人の聖地サテライト」に選定されている。

「恋人の聖地サテライト」は、観光庁後援により、NPO法人・地域活性化支援センターが進めているプロジェクトで、プロポーズにふさわしいロマンチックなスポットこと。

来場記念として2人のアクセサリーキーホルダー(ラバーズ・キー)をくくりつけることができる「恋人の聖地モニュメント」や、大観覧車に「カップル向けゴンドラ」2基を設け、恋人たちの思い出の場所としても人気を呼んでいる。

現地までのアクセスは、車利用の場合、東北自動車道那須インターより約20分、黒磯板室インターから板室温泉経由約30分。

電車利用の場合、東北新幹線那須塩原駅で乗り換え、東北本線黒磯駅下車、東野バス「那須ハイランドパーク行」で約60分(土日祝のみ運行。

11月25日まで)。