(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●番外編、孔明の死後の三国志について
「人形劇三国志」は全68話で終了しています。しかしながら孔明の死後も蜀は存在しています。それではその後、蜀はどうなったのか?を気になる方も(私を含め)少なからずいると思われます。

そこで今回からは「人形劇三国志」第69話以降として番外編をご紹介したいと思います。
●魏の曹叡、孔明の死に安堵し放蕩の日々を送る!
仲達(司馬懿)の活躍と孔明の死によって蜀の北伐は一時停止します。同時に呉の孫権も魏への外征を中断する事となります。

こうなると魏の曹叡の内政に関する手腕が問われるのですが、孔明の死により蜀の脅威が減少した事から来る心の緩みなのか、又は個人的な嗜好としての傾向なのか、大規模な宮殿の造営を何度も行います。

また曹叡は兵力の恒常的確保から兵士の家同士の婚姻を奨励し、自らの後宮を充実させる事に注力したのですが、そのため人身売買を横行させてしまう結果になりました。
●仲達、公孫淵討伐へ出陣する!
魏の内部の混乱に乗じて遼東の公孫淵が反旗を翻します。そこで曹叡は仲達に公孫淵討伐を命じます。

あの孔明をも退けた仲達は少ない兵力で公孫淵の大軍を事も無げにあっさり撃退し、公孫淵一族を斬首します。

しかし、この事が結果的に魏において仲達の一族を警戒させる遠因となったようです。

※補足すれば、孔明を含め仲達の実績は魏の国内にいた諸将からも恐れられ、いずれは仲達の一族が皇帝の地位を簒奪(禅譲含む)すると疑われていたようです。
●曹叡の死
仲達の公孫淵征伐がなされた後、程なくして曹叡は病により崩御する事となります。

その死の直前、仲達(司馬懿)・曹爽に後事を託し、養子である曹芳にその地位を継がせる事となったのですが、曹芳はまだ8歳。結果的に曹芳は曹爽の傀儡となってしまうのですが…。

その後、仲達(司馬懿)は曹爽の陰謀によって兵馬の権が無い「太傅」に任命されてしまいます。

※この「太傅」とは皇帝の教育係の役職で地位こそ最高位ではありますが実質的には軍事・内政共に権限の無い名誉職です。

この事が後になされる仲達(司馬懿)一族のクーデターに繋がるのですが…。

番外編「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第69話(番外編)「魏延と楊儀の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第68話「孔明五丈原に死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第67話「泣いて馬謖を斬る」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第66話「出師の表」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第65話「孔明の愛の鞭」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト