乗って見て知る! 「ユビキタス電動カート」の試験運用を実施 - 上野動物園

写真拡大

上野動物園は13日より、携帯情報端末「ユビキタスコミュニケータ」を搭載した電動カートの試験運用を開始した。

同園では、「ユビキタスコミュニケータ」の貸し出しサービスを2006年10月1日から行っている。

同サービスは、この端末を動物の展示施設のそばなどで利用すると、動物に関する詳しい解説や写真、動画や音声などが再生されるというもの。

同端末を搭載した電動カートの試験運用は過去2回実施されているが、今回は同園の西園にて、13日より12月19日までの予定で実施する。

同サービスでは、「ユビキタスコミュニケータ」を搭載した電動カートに乗って移動しながら、同園西園の動物を観察することができる。

一部の動物展示施設では、電動カートで近づくと、動物の特徴や観察のポイントを説明する音声や映像が自動的に再生されるという。

対象は20歳以上で、アンケートに答えることが参加条件。

利用当日、西園「池之端門」前の受付所で、先着順に受け付けを行う。

実施は開園日の平日のみで、時間は9時30分〜16時30分(受付は15時30分まで)。

台数は4台で、機器保守のため雨天時は利用できない。