(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●番外編、孔明の死後の三国志について
「人形劇三国志」は全68話で終了しています。しかしながら孔明の死後も蜀は存在しています。それではその後、蜀はどうなったのか?を気になる方も(私を含め)少なからずいると思われます。

そこで今回からは「人形劇三国志」第69話以降として番外編をご紹介したいと思います。
●魏延の叛乱
孔明の死後、魏延は叛乱を起こし蜀の国を乗っ取ろうと企み、極めて不仲であった楊儀が謀反を起こしたため討伐するという上奏文を劉禅に送ります。一方、楊儀も魏延が謀反を起こしたという上奏文を劉禅に送りますが…。

この二通の相反する上奏文を受け取った劉禅は側近の文官である蒋琬と董允に問うと2人とも「楊儀は狭量なれど謀反を起こすような人物では無く、魏延は孔明の生前から度々謀反を起こす恐れがあると見られていた」と答え、楊儀の上奏文を支持します。

楊儀討伐に動いた魏延ですが、降格し一兵卒となっていた馬岱が孔明から受けていた秘策によって魏延を殺害する事となります。

この件で馬岱は魏延の爵位を全て受け継ぎ、楊儀は中軍師(名誉職のようなものだったようです)となったのです。

※劉禅は孔明の遺志に従い、蒋琬を中心として董允・費禕等に内政を、姜維に軍事面を任せると考えていたようです。
●楊儀の失脚、そして死
さて中軍師となった楊儀ですが、彼の心中は蒋琬が孔明の内政面の後継者となる事についてかなりの不満があったようです(魏延討伐の件も彼の実績だと考えていたようです)。

そのため酒を強かに飲み、酔いが回った状態のときに「魏に走れば重用された」と失言をしてしまいます。この事は彼の使用人から劉禅への密告によって、楊儀は官職の剥奪となる直接の原因となってしまいます。

その後、楊儀は他人を批判する激越な内容の手紙を送り続けた件で朝廷に捕えられ、その際に自殺してしまいます。

一国の柱となる人物(この場合は孔明)が死ぬと次々と内包していた問題が発生する、蜀もその例外では無かったわけです。

魏延と楊儀の死はその一端でありましたが、蜀の悲劇はそれだけで終わらなかったのです。

番外編「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第68話「孔明五丈原に死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第67話「泣いて馬謖を斬る」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第66話「出師の表」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第65話「孔明の愛の鞭」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第64話「玄徳の死」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト