京都大学大学院 
人間・環境学研究科教授 
鎌田浩毅 
1955年、東京都生まれ。東京大学理学部卒業。専攻は火山学。学生からの講義の評価は教養科目の中で1位。著書に『中学受験理科の王道』『一生モノの勉強法』『火山噴火』など。

写真拡大

シンプルでロジカルな文章は、実は理数系人間が得意とするところ。新発想の文章術をプロが指南。まずは長文との決別から始めよう。

■鎌田浩毅式文章術

火山学を専門とする私は、頻繁にフィールドワークに出かけます。このときまず行うのは、手持ちデータを使ったモデルづくり。たとえばマグマ溜まりがどこにあり、いつ噴火するのかというモデルを立ててから、調査に臨むわけです。

調査を始めて新たに得たデータで検証すると、多くの場合、最初につくったモデルと整合性が取れなくなります。そこでモデルを再構築して、さらに調査を進めて検証を続けます。これを繰り返すと、最初につくったモデルは跡形もなくなり、やがて納得のいく新しいモデルが出来上がります。このやり方を、私は“モデル転がし”と呼んでいます。

なぜデータをすべて揃えてからモデルをつくらないのか。それは最初にモデルがあれば、検証に必要なデータ数が把握でき、あとの調査や分析が容易になるからです。すべて材料を揃えてから分析を始めるよりも、このほうがずっと早い。

文章を書くときにも、仮説と検証のプロセスは必須です。科学者は短い論文を書くとき、実験より先に論文を書いて、あとから実験結果を付け加えます。期待通りの実験結果を得られれば、そのまま論文として提出できるし、実験結果と整合性が取れなければ論文を修正します。いずれにしてもデータを揃えてから考察を始めるより早く論文が完成します。

大切なのは、つねに仮説を疑う姿勢です。仮説の重要性については多くの人が気づいているはずですが、自分で立てた仮説に固執するあまり、都合の悪い情報を無視するなどして、むしろゴールから遠ざかってしまう人が少なくない。

仮説は情報を加えて再構築するたびに進化します。仮説は3日経ったら捨てるくらいのつもりで、どんどん転がしていく。それがスピーディでクオリティの高いアウトプットを生み出すコツです。

■畑村洋太郎式文章術

世の中には頭のいい人がたくさんいます。ただ、彼らがみな創造的な仕事をしているとは限りません。それはなぜか。一度解いたことのある問題を解くことは得意でも、何を解けば新しい価値を生み出せるのかという課題設定を苦手としている人が少なくないからです。

いま社会が求めているのは、与えられた問題を解く「課題解決力」(HOW)ではなく、事象を観察して何が問題なのかを見抜く「課題設定力」(WHAT)です。いくら解法を知っていても、解くべき問題を間違えていたら、成果を挙げることはできません。

文章についても同じことがいえます。上手に書けるだけでは、あまり役に立ちません。価値のあるものをテーマとして設定してこそ、はじめて人に読んでもらえます。文章について悩む人は、どう書くか(HOW)に心を奪われがちですが、いま考えるべきは、何を書くか(WHAT)という問題なのです。

では、どうすれば価値あるテーマを設定できるようになるのか。それは自分の目でものを見て、考えて、決めて、行動するしかありません。何を解くべきかを教えてくれる人は誰もいません。自分で仮説を立て、試行錯誤を繰り返して課題を見つけていくほかないのです。

最初は課題設定で間違うことも多いでしょう。しかし、仮説と立証を繰り返すうちに、自分が大事にしたい価値、あるいは社会が求めている価値が見え始め、課題設定の精度やスピードが向上していくはずです。

(村上 敬=構成 相澤 正、熊谷武二=撮影)