美味?珍味?日本各地の変わったすしネタたち



日本の文化食として世界的にも有名なおすし。長い歴史を持つだけあって、日本各地には、さまざまな種類のすしやすしネタがあります。今回は、そんな日本各地に散らばる変わったおすし、そしてすしネタを紹介します。



まずは各地の珍しい『すしネタ』から。



■広島のサメ

広島の山間部で食べられている食材。現地ではワニと呼ばれ愛されています。ムチっとした柔らかい食感なので、初心者は湯引きなどで握ってもらうといいでしょう。



■長野のサンショウウオ

10センチほどの大きさのサンショウウオを焼いて握ったおすしが食べることができます。サンショウウオは長野だけでなく、栃木や茨城でもすしネタとして食されています。



■北海道のニシン

ニシンと言えば、おせちに出てくるニシンのコブ巻きや、日本そばの具というイメージがありますが、なんと北海道に行くと生で食べることができるそうです。生食は寒い時期が旬なので、食べるなら冬がいいとのこと。



■北海道のシシャモ

新鮮な魚介類が手に入る北海道では、なんと生のシシャモも握りで食べられます。また、それ以外にもホッケの握りなんかも食べることができます。どちらも焼き物のイメージがあるだけに、どんなものが興味が湧きますね。



■山口県のクラゲ

あの海にフヨフヨと漂っているクラゲを握り寿司で食べることができます。見た目はイカの握りのような感じです。食感はコリコリとしています。山口だけでなく、千葉などでも提供しているお店があるそうです。



■高知県のウツボ

焼いたウツボを軍艦にしたり、握りで食べることができます。鶏肉と魚の中間のような感じの食感です。また、ウツボはタタキでも提供されています。ウツボ料理は高知だけでなく、和歌山などでも食べる文化があります。



■沖縄の海ぶどうの軍艦

沖縄名物の海ぶどうもすしネタとして食べることができます。軍艦の上にたっぷりと海ぶどうを乗せていただきますすると口いっぱいにプチプチと海の香りが広がります。



次は日本各地の変わった『おすし』を紹介!



■徳島のボウゼ(イボダイ)の姿ずし

イボダイを背開きにして酢締めし、そこに酢飯を詰め込んだ徳島の郷土料理。頭から尻尾までまるごとの見た目なので、思わず「おおっ!」となってしまうインパクト抜群のおすしです。



■福井県のへしこの握り

"へしこ"とはサバを糠に漬けた福井の郷土料理。お酒が好きな人は酒の肴としても有名なので、聞いたことはあるのではないでしょうか。そのへしこで作った押しずしが福井では食べることができます。ぜひお酒と一緒に食べたい逸品です。



■奈良県の柿の葉ずし

関西の人にはお馴染み、柿の葉でくるんだ押しずし。新幹線のお弁当売り場などでも見かけるので、知名度は高いかもしれませんね。サバや小鯛など、数種類の押しずしを柿の葉の香りとともに楽しむことができます。



■和歌山県の昆布巻きずし

巻きずしをノリでなく昆布で巻いた和歌山県のおすしです。地域によって中の具は異なるそうですが、基本はかんぴょうが巻かれています。昆布の濃厚な味を堪能できるおすしです。また、昆布巻ずしは和歌山だけでなく、三重県などでも食べることができます。



■京都の丹後ばらずし

サバのそぼろを使った京都府北部の郷土料理。四角い木箱に酢飯とそぼろ、椎茸や錦糸卵などを重ねて作る箱ずしの一種です。甘いサバのそぼろと酢飯がほどよくマッチしていて、なぜだかほっとする味です。新幹線のお弁当売り場や通販などで売られてもいますので、現地に行けない人はぜひ。



■滋賀県のフナずし

変わった地方のすしの代表格といえば、やはりこれでしょう。腹にお米をつめたフナをぬかに漬けて発酵させて作る滋賀県に郷土料理です。発酵しているので酸味とにおいが強く、非常に玄人向けのおすしですが、やみつきになる人も多いそうです。



■鹿児島県の酒ずし

寿司酢のかわりに、甘口お日本酒をかけて作る鹿児島県の郷土料理。お酒をかけたご飯はひと晩放置するのでアルコール分はほとんど抜けてしまいますが、お酒の香りは残るのでお酒に弱い人は酔っ払ってしまうかもしれませんね。



ここで紹介したおすしやすしネタは当然ながらまだほんの一部。日本各地にはまだまださまざまな種類の変わりネタやすしの種類が存在します。旅好きの人が全国の観光地を巡るように、すし好きの人は、一度全国行脚をしてみるのもアリかもしれませんね!



(貫井康徳@dcp)