(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●趙雲の死
馬謖の失敗によって第一次北伐は撤退を余儀なくされた孔明。

しかし、孔明の受難はそれだけでは無かったのです。五虎将軍の最後の一人であり、劉備が若き時代から仕えていた忠臣・趙雲が病に倒れます。そしてそのまま趙雲は蜀の将来を案じながら帰らぬ人となったのです。
●魏と呉、再び戦うも…
その後の孔明は北伐を再開しようとするのですが、それに呼応したのは魏の仲達。仲達は孔明の狙いを呉の孫権との共同戦線にあると読み、先手を打ち呉に攻め込みます。

結果的に呉の孫権は劉禅と共同戦線を行うという表向きの理由を主張しますが、孫権の本心は明らかに魏と蜀の消耗による漁夫の利を狙うというもの。

しかし、孔明はそれらを承知の上で北伐を行います。それは孔明自身の凶星にあるのですが…。その時に出された上奏文が「後出師の表」と呼ばれるものです。
●仲達、持久戦の構えを取る!
孔明が北伐に来たのは良いのですが、肝心の仲達は持久戦の構えで全く戦おうとしません。そこで関平を使者に立て、仲達に対して女物の着物と手紙を付けて挑発をしてみたのですが…

※女物の着物というのは、「仲達は女性のように臆病で戦おうとしない」という意味なのです。

しかし、仲達は頑として動きません。そこで孔明は孫権に援軍を要請する手紙を送るのですが…。

使者を捕らえた上でそのまま呉に手紙を届けた仲達はこれを逆手とって呉の陸遜に大打撃を与える事に成功します。

これには孔明も万策尽きたという感があります。
●孔明、凶星を除くための祈祷をするも…
自らの余命を知る事となった孔明は7日間の祈祷によってその凶星を除こうとしたのですが…。

仲達は孔明の祈祷を妨害するために突然に夜襲を行います。これによって孔明の祈祷は失敗に終わります。

その日から孔明は病床につく事となります。
●孔明の死
孔明の夢枕に劉備達が出てきます。これによって死期を悟った孔明は姜維、関平に後事の事を託し最後の力を振り絞り立ち上がります。

そして、剣を空中にて振りかざすと孔明はそのまま息絶えます。

蜀を支えた最後の巨星、孔明は遂に帰らぬ人となったのです。
●死せる孔明、行ける仲達を走らす!
孔明の死を知る事となった仲達は少しづつ撤退する蜀軍を追撃しようと出陣します。ところが死んだはずの孔明が車に乗っている姿が見えます。これによって仲達は全軍撤退をする事になりますが…。

実はこれは孔明の最後の策略で孔明は自らの骸を車に乗せて仲達を動揺させるというものだったようです。

※そのため蜀軍は無事撤退に成功します。

「人形劇 三国志」は今回で最終回ですが…。
●番外編 蜀その後30年について
実は「人形劇三国志」でだけでは少々書き足りないので少しだけ継続します。

特に孔明の死後の話は「人形劇三国志」では殆ど描かれていないのですが、実は蜀の滅亡まで約30年間あります。そして、その部分が描かれてこそ「人形劇三国志」の本当の終劇となるわけです。

※ちなみに「人形劇三国志」では多少人物が省略して描写されています(例えば、「人形劇三国志」では芝・楊儀・董允・蒋琬・費禕等は殆ど出演していません)。実はこれらの人物が孔明の死後、重要な存在となるのですが…。そのため「人形劇三国志」というよりは「三国志演義」や吉川英治先生の「三国志」に近い内容になる予定です。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第66話「出師の表」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第65話「孔明の愛の鞭」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第64話「玄徳の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第63話「関羽・張飛よ安らかに」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第62話「痛恨! 張飛憤死す」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト