(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●孔明の北伐
蜀の孔明は「出師の表」を皇帝である劉禅に上奏し、蜀の総力30万を挙げて北伐を開始します。主な武将は趙雲、魏延、関平、馬謖など。

※ちなみに馬超は北伐の前の時点で既に逝去していたようです。

対する曹叡は戦死した夏侯淵の子、夏侯楙を大都督に任命し北伐に対応させたのですが…。

夏侯楙は口先だけの大したことの無い人物ながら、張郃をはじめとした熟練の武将の助言を聞くであろうと馬謖が推測すると強攻派の趙雲や魏延の提案よりも孔明は馬謖の提案をとります。

但し、馬謖は早く実戦経験を積みたいと考えているのが少々気掛かりでありますが…。
●関羽の亡霊、再び!
北伐の緒戦、趙雲は苦戦するも関羽の亡霊が現れ関平の援軍によって趙雲の窮地を救います。

結果的に魏の大都督である夏侯楙を捕らえる事に成功しますが…。この夏侯楙は孔明の前で命乞いをする有様、父・夏侯淵とは全く違う対応に孔明も呆れ果てて斬首するにも足りないと判断し、彼を牢屋に放り込みます。
●天水の姜維、登場!
孔明は次の目的地を天水城の馬遵に定め、夏侯楙からの偽の使者を立てて天水城の守備を手薄にして攻略しようとしたのですが…。

姜維という若者に孔明の策略を見抜かれ、更に城攻めをした趙雲とも互角以上に戦うという勇猛振りを見せます。孔明は自らの策略が見抜かれた事よりも姜維の若き才能を欲しいと考えます。
●姜維、蜀の孔明に帰順する!
孔明は牢屋にいる夏侯楙を釈放し、天水城へ姜維が蜀に降伏したという偽の情報を流させます。一方、姜維は母を天水城へ連れて行こうとしただけだったのですが、馬遵と夏侯楙により魏へは戻れなくなってしまいます。その姜維を蜀に採用したのは孔明。その後、姜維は孔明の後継者となるのですが…。
●仲達、復帰する!
夏侯楙の暗愚ぶりによって天水城では多くの武将が蜀に降伏し、天水城は陥落してしまいます。

そこで孔明の北伐を防ぐために登用されたのは失脚して隠居していた仲達。曹叡は仲達を復帰されますが…。
●街亭の戦い!
ここで仲達の狙いを街亭であると読んだ孔明と姜維。その街亭の守備についたのは馬謖なのですが…。

街亭は平地で陣を構えるのには向いていない場所、そこで姜維は川のある道筋を守るよう進言したのですが、馬謖は姜維の進言を無視して山地に陣を構えます。

この陣形を知った孔明は必ず負けると見たのも束の間、仲達にあっさりと街亭を占領され、蜀軍の北伐は失敗に終わる直接の要因となったのです。
●泣いて馬謖を斬る
今回の敗戦の原因は全て馬謖にあるのは間違いないです。そこで孔明は軍律に従い、馬謖を処刑する事になりますが…。

孔明の愛弟子であり、誰よりも馬謖の才能を評価していたのは孔明本人なのです。結果的に馬謖を処刑しなくてはならなかったのは馬謖の独断による敗戦によるものでは無く、馬謖に街亭を守らせた孔明の不明が原因だったのです。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第66話「出師の表」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第65話「孔明の愛の鞭」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第64話「玄徳の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第63話「関羽・張飛よ安らかに」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第62話「痛恨! 張飛憤死す」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト