ドリュー・バリモアが撮影 トミー ヒルフィガーのチャリティバッグ広告

写真拡大

 トミー ヒルフィガー グループが、乳がんの研究と治療の開発を進める非営利組織Breast Health International(以下、BHI)とコラボレーションしたチャリティバッグを10月1日に限定発売する。6年目となる今回は、レッドのハンドルにネイビーのレザーを組み合わせたトートバッグが登場。英国系フランス人女優で歌手のCharlotte Gainsbourg(シャルロット・ゲンズブール)がキャンペーンモデルを務め、ハリウッド女優のDrew Barrymore(ドリュー・バリモア)がカメラマンとしてヴィジュアル撮影に挑戦している。 トミーヒルフィガーからチャリティバッグの画像を拡大

 トミー ヒルフィガー グループのBHIチャリティーバッグプロジェクトから新たにリリースされるのは、「TOMMY HILFIGER(トミー ヒルフィガー)」の伝統的なアメリカンクラシックにインスピレーションを得て制作されたトートバッグ。カラーブロックを取り入れたデザインで、内面には携帯電話用のポケットやローズゴールドのマグネットボタンが付けられている。価格は30,450円(税込)。1点につき100USドルが乳がん患者やその家族を支援するプログラム「Fund for Living」に寄付される。国内の取り扱い店舗は「トミー ヒルフィガー 表参道店」と「トミー ヒルフィガー 心斎橋店」、ほか一部店舗を予定。  BHIチャリティーバッグプロジェクトは、これまでオスカー女優のRenée Zellweger(レネー・ゼルウィガー)や、フランス前大統領夫人のCarla Bruni(カーラ・ブルーニ)、スーパーモデルで女優のMilla Jovovich(ミラ・ジョヴォヴィッチ)など様々なセレブリティをモデルとして起用。今回、モデルを務めるCharlotte Gainsbourgの起用について、カメラマンを担当したDrew Barrymoreは「トミー ヒルフィガーやシャルロット・ゲンズブールとパートナーを組み、BHIの活動の素晴らしさを伝えることができることをとても誇りに思います」とコメントを発表。一方、デザイナーのTommy Hilfigerは6度目のコラボバッグ発売にあたり、「より多くのお客様にこの大切な取り組みを知ってもらい、同時に支援金を集めるという意味でも、とても素晴らしい機会だと思っています」としている。