作家
童門冬二
1927年、東京生まれ。東京都広報室長・企画調整局長・政策室長などを歴任。79年、作家活動に専念。人間管理と組織運営の要諦や勘所を歴史と重ね合わせた作品で、99年春、勲三等瑞宝章を受章。

写真拡大

光あるところに陰あり。名将いるところに参謀あり。表舞台に決して立たず、情報の収集と分析で集団を勝利へと導く群像たちの実像とは――。

■名参謀ではなかった諸葛孔明、真田幸村

参謀タイプの人間に、古くから日本人は強い憧れを持っている。知略や用兵に優れ、実際の作戦を動かしているイメージがあるからだ。将たる人物は、ただ優れた参謀の立てた戦術・戦略を採用するだけで、事足れりというわけである。

こうした参謀像をつくったのは、諸葛孔明によるところが大きい。『三国志』で描かれる諸葛孔明は、まことに格好いい。ちょっとひ弱な君主・劉備に仕えて、強大な魏の曹操を手玉にとる。劉備と呉の孫権を連合させ、長江で曹操を打ち破る「赤壁の戦い」は、諸葛孔明の真骨頂だ。『三国志』を読んだ人の多くが、孔明の活躍に胸躍らせたことだろう。

しかし、私は、諸葛孔明を名参謀とは思わない。なぜなら、孔明がいた蜀の国は、曹操の魏や孫権の呉より早く滅んでいるからだ。孔明が死んだ後とはいえ、三国のなかで、もっとも早く滅ぶような国しかつくれなかったようでは、名参謀とは言えない。

日本人に人気がある真田幸村にしても、参謀としては評価できない。確かに、大坂冬の陣では、大坂城の弱点だった南側に真田丸という出城をつくり、奇襲で家康軍をきりきり舞いさせた。夏の陣では、家康の本陣に切り込み、家康の心胆を寒からしめた。

幸村のように、少数が奇襲や奇策を用いて、多数を翻弄するのは、日本人が好むところである。ところが、これもよく考えてみると、局地戦での勝利にすぎないことがわかる。バトルフィールドの勝利であって、ウォー全体での勝利ではない。バトルフィールドでいくら勝っても、ウォーで勝てなければ意味がないのだ。実際、真田幸村が与した豊臣家は滅んでいる。

参謀というものは、小さな勝利に自己陶酔し、大局を見誤るようでは、その任を果たしていない。諸葛孔明にしても、真田幸村にしても、ドラマのヒーローとしては申し分ないだろうが、結局、国なり家なりを守れず、参謀の任を果たせなかった。

私は、「参謀が表に出ると、家が滅びる」と考えている。参謀は本来、将の頭脳の一部にすぎない。頭脳だけが前面に出て、体がついていかないようでは、本末転倒である。

あくまでも、参謀は将の一部分に徹して、陰に甘んじることが大切なのだ。参謀は匿名でなければいけない。その意味では、歴史に名を残しているような参謀には疑問が残る。

参謀の役割とは、以下のことに尽きる。

・情報を集める。
・その情報を分析する。
・分析した情報のなかから問題点を摘出する。
・問題点について考え、解決策を用意する。
・解決策は、複数の選択肢とする。

ここまでが、参謀がやらなければならないことである。「どの選択肢を選ぶか」という「決断」は、将の仕事だ。参謀には、決断する権限はない。決断権はトップにしかないのだ。この決断権を侵すような参謀は、必ず将をないがしろにして体制を崩し、国や家を危うくする。

■美濃部都政のブレインで得た教訓

参謀は将の頭脳の一部分になり切り、名前を秘す。このことは、歴史をひもとくにつれ、強く確信するようになったが、私自身の経験としても言える。

今から30年以上も前の話だ。私は、東京都庁の職員として、美濃部亮吉都政(1967〜79年)を支える役目にあった。知事秘書、広報室長、企画調整局長、政策室長などを歴任し、いわば美濃部都知事の参謀だったのである。

ある時期、1年間ほど、私は「ブレイン会議」というものに参加していた。私を含む5名の参事クラスの職員と、知事だけの6名からなる会議で、毎週、月曜日の午後に開いていた。局長クラスは排して、自由に今後の都政について意見を述べ合うというものだ。

局長など現業を持つ人間が入ると、どうしても自由闊達な議論ができなくなる。そのため、無任所のフリーな立場で物を言える5名が集ったのだ。知事の「隠し球」とも「脳下垂体」とも言われていた。

非公式な会議であったが、そこで決まった政策も少なくない。「東京の空をきれいにしよう」と、まず東京電力や東京ガスに割高だが硫黄分の少ないブルネイ産の石油を使ってもらう。皇居前で行っていた自衛隊の観閲式を、朝霞駐屯地でやることにする。数えれば、切りがない。

最初、このブレイン会議は、秘匿されていた。政策の決定は、すべて美濃部都知事が行い、現業部門に下ろされていたのだ。ところが、徐々にブレイン会議のことが周囲に漏れ始め、その内容を知ろうとする職員が出てきた。

なかには、5名の参事を「官官接待」して、自分たちのやりたい政策を知事に具申してもらおうという者まで出始めたのである。

こうなっては、ブレイン会議は、本来の役目から外れる恐れが出てきた。参謀本部は、あくまでも陰になければならないのだ。ほどなく、知事はブレイン会議を廃止して、局長たちも含めたフォーマルな会議に切り替えた。

美濃部都政は、以前とは違い「都民目線でものを考えよう」としていた。その意味では、自由に街に出て、都民に接し、それを政策に活かそうとしたブレイン会議は有効だった。しかし、あまりに注目されるようになって、参謀本部としては不都合と判断したのである。

※すべて雑誌掲載当時

(作家 童門冬二 構成=樺島弘文 撮影=小倉和徳)