絶対に信じてはいけない!ダメ男が別れ際に言うセリフ・6選


別れ話をしているときに相手を思いやっているふりをして、やさしい言葉をかけるなんてネチっこい。大好きな人との別れは、とてもつらいからこそ、相手のやさしさにすがろうとする気持ちもわかりますが、「言葉」にだまされてはいけません!







■「3年後、必ずお嫁にもらいに戻ってくるから」



「今はもう少しほかの女の人も知りたいし・・」「こんなおれも理解して?」という彼のホンネは、「ただ、今の関係に飽きただけ。」



彼の言葉をまともに受けとるのは、やめましょう。おとなしく指をくわえて待つのは、時間の無駄。別れ際まで不誠実だった、バカな男に引っかかったとおもって、さくっと別れた方が身のためです。



■「友達としてこれからも仲良くしたい」



「大好きなカレと会えるのであれば、友達でも構わない・・一緒にいたらそのうちまた恋人に戻れるかも・・」そう思ったら、あなたの負けです。



別れた後もダラダラ会い続けると、体の関係だけが残ってしまったり、何一ついいことはありません。どちらかに抑えきれない恋愛感情があるうちは、距離をおくのが正しい選択です。セカンドになり下がらないためにも、きっぱり「NO」と伝えましょう。



■「好きだけどこのまま一緒にいると、お前を傷つける」



これは、目の前にいる恋人のことを考えずに、自分の欲望を丸出しにした男性が言う言葉です。まだ精神的な幼さが残っている証拠です。



一見、相手を思いやっているように見えますが、波風立てずに別れたいだけなので、「やさしさ」と取り違えることのないように注意しましょう。



■「結婚したいのはお前だから」



「今は、〇〇ちゃん(浮気相手)への気持ちの方が大きいけれど、お前への気持ちは本気だから。結婚したいって思ってるから。」



浮気した彼が言うのがコレ。矛盾とはまさにこういうことを言うんですね。結婚しても、不倫を繰り返すタイプの人間なので、苦労します。今気が付けてよかったと思って、次にいきましょう。



■「もうおれ、お前に優しくできないよ」



男性は、下心があるうちは優しくしてくれます。しかし目の前の飽きると、途端に無理してやさしくする必要なんてない、という発想に転換するのです。



「たしかに、彼は今までホントに優しくしてくれた・・同じようにこれからも優しくしてほしい」と願うのは、やめましょう。



■「お前がもう少しオトナだったら・・」



若い男性というのは、彼女を自分の理想の女性に近づけるために、あらゆることに口出しをしたがるものなのです。それも彼の未熟さゆえ。



彼がありのままのアナタを受け入れられないのであれば、一緒にいても苦しいだけ。関係を続けるために、あなたが無理をする必要はありません。別れた後は、一時的な「さみしさ」を感じるかも知れませんが、ぐっと堪えればもっとすてきな出会いが待っています。



■おわりに



そういえば、言われたことある・・というものはありましたか?別れを告げる男性にすがりつくなんて、自分を安売りするようなものです。



セカンドやキープになり下がらないためにも、自分を強く持ちましょう。次は、自分を大切にできる恋愛を探したいものですね。



(さとみん/ハウコレ)