カバンの中に携帯しておけば良かったと後悔した1位は折り畳み傘

写真拡大

ボシュロム・ジャパンは、日常生活におけるコンタクトレンズケア用品の携帯の実態を明らかにするために、「カバンの中身に関する調査」を実施。

調査はソフトコンタクトレンズユーザー500名を対象に行われた。

調査は7月24日〜7月26日にかけて、ソフトコンタクトレンズ(「1日使い捨てタイプ」使用者を除く)を日常的に使用している20歳〜49歳の男女500名を対象にインターネットで実施した。

まず、「カバンに必ず入れているもの」について聞くと、「財布」(78%)、「鍵」(71%)、「ハンカチ・ティッシュ」(67%)がトップ3。

「コンタクトレンズの洗浄液」をあげた人はわずか13%だった。

コンタクトレンズの洗浄液は、普段あまり携帯されていないようだ。

しかし「カバンに入れておけば良かったと後悔したもの」という質問では、1位「折りたたみ傘(29%)」、2位「ハンカチ・ティッシュ(25%)」に続いて3位に「コンタクトレンズの洗浄液(22%)」がランクイン。

洗浄液を持ってなくて後悔した理由については、「目に異物が入った時」「急に宿泊の予定が入ってしまった時」といったコメントが寄せられた。

「コンタクトレンズの洗浄液の携帯」について聞いたところ、「かさばるので、持ち歩くのが面倒だと思う」という声が多く、「携帯用のサイズのものであれば、携帯したい」という人は67%だった。

コンタクトレンズの洗浄液の携帯において、その“洗浄液のサイズ”は重要なポイントのようだ。