山形県置賜地域は秋も食材の宝庫、美味しいもの満載の大収穫祭を開催!!

写真拡大

山形県置賜(おきたま)地域は、全国有数のブランド牛である「米沢牛」の産地であるとともに米どころでもある。

そこで10月13日(土)、置賜3市5町の秋の味覚を満喫できる「食の桃源郷おきたま 秋の大収穫祭」を山形県米沢市松川河川敷(米沢市立病院東側)で開催する。

「秋の大収穫祭」では「米沢牛まつり」と「置賜八食祭・直売市」のコーナーが設けられるほか、「愛の武将隊」の演舞や、YOZAN戦士アズマンジャーのヒーローショー、音楽バンドライブなどのステージイベントも盛りだくさんに用意されている。

■米沢牛まつり(11:30〜14:30) 秋空の下、七輪と炭火で「米沢牛すき焼き」を食す。

チケット制で、全席指定、完全前売り制。

最高級A5ランクの米沢牛ロース(1人あたり200g)のすき焼きセットのほか、山形県の話題の新品種である「つや姫」の新米おにぎり、皮ごと食べられる種無しのぶどう新品種「シャインマスカット」などが味わえる。

チケットは「おきたま食の応援団」ホームページから申し込みとなる。

定員1,000席に達し次第、販売終了。

チケットの料金は4人用Aセットが税込みで15,000円。

セット内容は米沢牛のすき焼きセット(米沢牛ロース800g、野菜セット、卵、水、たれ)、地酒ワンカップ4本、新米つや姫おにぎり4つ、置賜産高級ぶどう「シャインマスカット」。

2人用Bセットは税込みで10,000円。

セット内容はAセットの半分。

天災そのほかの理由により現地で開催できない場合は、すき焼きセットが発送される。

■置賜八食祭・直売市(10:00〜15:00) 置賜3市5町(米沢市、南陽市、長井市、高畠町、川西町、小国町、白鷹町、飯豊町)の収穫祭として、地元の特産品や置賜地域の地酒とワインが集結する直売市(マルシェ)を開催。

直売所ブース、米沢牛ブース、おきたま八食祭ブースがある。

直売所ブースは今話題の山形米「つや姫」をはじめ、生鮮品を中心としたブース。

米沢牛ブースは米沢牛串焼きなどが出店するため、一般来場者も米沢牛を楽しめる。

おきたま八食祭ブースでは、置賜3市5町の自慢の食材が並ぶ。

そのほか「置賜八食いも煮」の販売、「つや姫」「はえぬき」の炊きたて新米の無料ふるまいもある(限定300食)。

もちろん、来場者が飲食できるスペースも用意。

その場でも、家に持ち帰っても、置賜の秋の味覚を満喫できる。