女優・蒼井優がトレンドマークでもあったロングヘアをバッサリ切り、ベリーショート姿に。大胆なイメチェンのニュースに驚きの声が広がっています。デビュー以来初となるベリーショートは、ボーイッシュで可愛らしく、新たな彼女の魅力をまた引き出しそうです。

 そんな蒼井優が出演する映画『ヴァンパイア』が15日から公開。同作は岩井俊二監督が脚本・監督・音楽・撮影・編集・プロデュースを手がけており、監督自身、8年ぶりの長編劇映画となります。

 岩井監督の作品『リリィ・シュシュのすべて』で鮮烈デビューした蒼井優。その後も2人の相性は良く、『花とアリス』『虹の女神』などの作品を共にしています。今回の『ヴァンパイ』は、ほとんどのキャストが海外の俳優で構成されているものの、日本からは蒼井優が加わることに。2人のコラボレーションを楽しみにしていたファンを魅了します。

 今回の『ヴァンパイア』の構想は、『リリィ・シュシュのすべて』以前からあったそう。しかし、このヴァンパイア、アメリカ映画などに登場するものとは一線を画しており、普通の人間で吸血鬼衝動がある高校教師を中心に物語が進みます。にんにくがダメといったお決まりのルールはなし。

 「死ぬなら君の血をくれないか」と、自殺志願者の女性に血を求める高校教師のサイモン・ウィリアムズ。血を抜かれた女性の遺体が相次いで発見されたことで、「ヴァンパイア」と呼ばれる連続殺人犯が世間を騒がせます。血に取り憑かれた男と犠牲者たちの数奇な共犯関係の絆。彼らは人知れぬ場所で、儚くも希有な愛を育んでいくのです。

 一味違ったヴァンパイアの世界を、岩井監督が独特の美意識と世界観で表現。同作は、唯一無二のヴァンパイア映画と言えるでしょう。



『ヴァンパイア』
 著者:岩井 俊二
 出版社:幻冬舎
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
「伊勢丹×ブックディレクター幅さん」で新スペース誕生
「突然 愛を伝えたくなる本」大賞の桜木紫乃さんのサイン会に長蛇の列
MF遠藤の後継者は兵藤・小椋? 統計学から遠藤超えの選手を読み解く


■配信元
WEB本の雑誌