(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●孔明の南蛮行
孔明は南蛮の孟獲を制圧するために、南蛮国へ進軍いたします。

そこで趙雲は孔明の指示でわざとだらしの無い行軍を見せかけ孟獲を挑発し、さらに弟の孟優までもおびき出します。もちろん実力的には圧倒的に上の蜀の趙雲、孟獲・孟優ともあっさり生け捕りにします。

さて、生け捕りにされた孟獲・孟優に対して、孔明は何と食事と酒を振る舞い解放します。

捕えられた孟獲は心から服従しない様子、孔明はそんな孟獲との再戦を約束します。
●孟獲、再び捕えられるも…
自軍の陣営に戻った孟獲は体制を立て直し、再び孔明軍へ攻め込みます。しかしながら、今度は孟獲の部下の裏切りによって孔明に捕えられてしまいます。

ところが負けを認めない孟獲を孔明は再び釈放します。その後も落し穴に落ちたり、再戦でも負けたりと孟獲は6回も捕えられ孔明はその度に釈放します。

孟獲の執念深さもさることながら孔明の寛大な対応には驚かされます。
●蜀兵、毒水を飲む!
南蛮の奥地で暑さのあまり蜀兵は泉の水を飲みます。ところがこの泉の水は毒水!蜀兵の大半は声も出なくなり、やがて死んでしまうという非常事態に陥ってしまいます。

そこに現れたのは孟獲の兄、孟節。彼は毒水の治療方法を孔明に教えます。これによって蜀兵は窮地から回復をします。
●孔明、孟獲を七縱七禽の計により帰順させる!
孟獲は岩の城へ籠城しますが、孔明は土嚢を兵士に積ませる策略によって孟獲を7回も捕らえます。

孔明の七縱七禽の計によって流石の孟獲も孔明に対して恭順を示し、以後、南蛮は蜀を攻める事は無くなります。

一方、魏の曹丕は病状で孟獲の恭順を聞くと病が悪化しそのまま逝去します。その後は曹丕の子、曹叡が継ぎますが…。
●仲達、曹叡に隠居を命じられる!
魏の新君主である曹叡、しかし街中には仲達が謀反の疑いがあるという噂(張り紙)が流れます。

これによって曹叡は仲達の官職を剥奪し隠居を命じます。実はこれも孔明の策略だったのです。

最大の難敵である仲達を排した孔明、北伐を決意します。その北伐に対して君主である劉禅に出したのは「出師の表」なのです。

※実は孔明の「出師の表」は2度行われ、今回のは「前出師の表」と呼ばれ、2回目は「後出師の表」と呼ばれています。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第65話「孔明の愛の鞭」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第64話「玄徳の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第63話「関羽・張飛よ安らかに」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第62話「痛恨! 張飛憤死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第61話「漢王朝滅亡」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト