(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●曹丕、蜀の劉禅を五方向から攻める!
曹丕は夢枕に出た父・曹操からのお告げ通り、蜀の劉禅を攻める事を決めます。そこで仲達は鮮卑族、孟獲に要請し、孟達へ進軍を命じ、孫権に共同作戦を依頼し、更に曹丕自らの五方向から攻める事を進言します。

一方、蜀の劉禅はこの危機的状況に対して頼りの孔明は病気のため自宅療養中。しかも面会謝絶ということですが…。

そこで劉禅自ら孔明へ見舞いに行くと、何と孔明は仮病だったようです。劉禅は激怒するも既に孔明は四方向に対しては対策は万全のようです。

実は趙雲、馬超、魏延へ対して孔明が指示を出して鮮卑族、孟獲、孟達、曹丕軍に対しては上手くやり過ごす事が出来そうです。但し、孫権に対して孔明は対策が立てられなかった、それが仮病の原因なのです。
●劉禅、貞姫と再会する!
孔明は孫権への使者として関平を指名します。ところがそれは表向きで実は劉禅を母であり劉備の妻であった貞姫と再会させる事にあったのです。

敵地である呉のとある寺まで危険を顧みずやってきた劉禅は貞姫と再会します。貞姫は劉備の生き写しである劉禅との再会に涙し、劉禅の願いである孫権との平和協定を願うもそれは無理と悟り孫権と戦う事を決意しますが…。

貞姫はそんな劉禅を叱責し、彼女は命を賭して兄・孫権の戦いをやめさせようとしますが…。

もちろん孫権は貞姫の願いを聞くわけではありません。そおで彼女の取った行動は…。
●貞姫、死して劉備と結ばれる!
貞姫はどうしても孫権が劉禅軍との戦いをする事を止められないと悟ると、何と彼女は服毒自殺をします。

このことには流石に心を動かされた孫権、蜀の劉禅との和睦を図り貞姫の遺体を献上します。

皮肉な事ですが貞姫は死して漸く夫である劉備と結ばれ、孫権と劉禅との和睦が成立することになります。

孔明の策略によって蜀の危機は一時的にせよ逃れる事が出来たのですが、失ったものは大きかったのも否めません。そんな孔明の次の策略は…。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第64話「玄徳の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第63話「関羽・張飛よ安らかに」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第62話「痛恨! 張飛憤死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第61話「漢王朝滅亡」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第60話「曹操の死」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト