外国人から見た日本 (50) 日本に広めたい母国の激ウマグルメ

写真拡大

日本ほど世界各国の料理が手軽に食べられる国はあまりないように思いますが、そんな日本でもまだまだ知られていない世界の激ウマグルメもきっとあるはず。

そこで、外国人20人に「日本に広めたい母国の激ウマグルメ」について聞いてみました。

・トマトのファルシ。

フランス語で「ファルシ」とは詰めると言う意味で、トマトの中にハンバーグのような肉を詰める料理です (フランス/男性/20代後半) かわいいトマトを切ったら中からジューシーなハンバーグ。

垂涎ものの料理です。

見た目も楽しそうで是非食べてみたいです!・ルンダン。

スパイシーで香ばしいビーフカレーみたいな料理です (インドネシア/男性/40代後半) インドネシア版ビーフカレーともいえる、煮込み料理です。

香辛料たっぷりで、食欲をそそりますね。

・カオポゥン。

ココナツミルクと魚の切り身、様々なハーブが入った麺料理。

野菜をたっぷりのせて食べます (ラオス/女性/20代後半) ココナッツミルクにハーブ。

香りを想像しただけで食欲がわいてきます。

ヘルシーな麺料理で、日本でも女性に人気が出るかも知れませんね。

・甘いマスタードを付けて食べるミュンヘンの白いソーセージ。

仔牛の肉を茹でて食べる感じなので油っこくなく、マスタードも辛くないので誰にでも食べやすいです (ドイツ/男性/30代後半) ソーセージの本場、ドイツからのオススメは仔牛の肉の白ソーセージ! 甘いマスタードとの組み合わせは地元では定番で、歯応えがあってさっぱりしているそうですよ。

・菜肉雲呑。

大きめのワンタンと豚肉、野菜が入っていて、胡麻油をかけて食べる (中国/女性/30代後半) ワンタンが大きいと、食べ応えもかなりのものになりますね。

胡麻油の香りで一気に中華料理らしさが出てきます。

・ジュカ。

ピーナッツの入ったクスクスで、ソースはラムと野菜のトマトソース (マリ/男性/30代前半) クスクスは日本でも知っている人は多いのではないでしょうか。

ピーナッツが入ると甘みと食感に幅が出ておいしそうですね。

・タピオカのクレープ。

生地が薄くて外側はカリカリ、内側はもっちりしています。

さっぱりしていてとてもおいしいと思います(ブラジル/女性/50代前半) タピオカと聞いただけで「おいしそう! 」という女性の声が聞こえてきそうです。

食感も女性好みで、これはぜひ日本ではやってほしいですね。

聞いたことのない名前の料理が多く、味の想像がつくものからそうでないものまで様々な激ウマグルメを紹介していただきました。

どれも日本人の好みに合いそうですが、皆さんは気になった料理がありましたか?