愛知・名古屋で大人気「つけてみそかけてみそ」はヒット商品となりえるか?

写真拡大

名古屋メシを一言でいうと、奥さんの手料理「ウチメシ」よりも、飲食店で食べる「ソトメシ」が圧倒的に多い。

理由はシンプル。

「作るのが面倒」だからだ。

みそカツを本気で作ろうとすれば、肝心のみそダレを一から作る必要がある。

頻繁に食べるならともかく、毎回1食分を作るのは超大変。

という訳でソトメシ中心となるのは必然的なことなのかもしれない。

そんな名古屋の食文化に革命をもたらしたと言える商品が、ナカモ(愛知県清須市)が発売した万能みそ「つけてみそ かけてみそ」だ。

1997年に発売されたこの商品は、発売元が自社サイト上で「名古屋人なら、知らぬ人はいない」と豪語する看板商品。

そのまま料理にかけるだけで、あら不思議。

「どんな食べ物も伝統的な名古屋メシに大変身!」というスグレモノである。

少々古い話題だが、2007年、テレビの某バラエティー番組にタレントの香里奈が登場した。

その番組は、名古屋出身の彼女が「自分流名古屋メシ」を紹介するというもの。

すると彼女はおもむろに「つけてみそかけてみそ」を取り出し、「豆腐につけて食べる」「ご飯にかけて食べる」という料理を披露。

手料理とは到底言いがたい単純なものだった。

「おい! 自分流って、お前それ、かけてるだけだろう!」と笑顔の香里奈にツッコミを入れたくなったナゴヤ男は僕だけじゃなかったと思う。

しかし、よーく考えてみたら、この香里奈の紹介そのものが、この商品の真骨頂だったのかもしれない。

キャッチコピーは「つけたり、かけたり、あえたり、アイデアいっぱいの万能みそだれ」。

チューブから出すだけで使えるこの便利アイテムは、発売と同時に、瞬く間に名古屋の一般家庭に普及した。

つまり手軽なみそダレが発売されることで、名古屋メシは一気に家庭の味(ウチメシ)に変化したのだ。

これを革命と呼ばずして何と言おうか! パッケージには、名古屋メシの定番料理に加えて、洋食全般、ハンバーグやコロッケ、中華料理にまで使えると書いている。

つまり、「あなたのアイデア次第」で自由なメニュー展開が実現するのだ。

以前、人気フランス料理店のシェフに取材をした時、彼は「日本のソース文化は独特だよ」と語っていた。

西洋でソースといえば、フレンチをはじめとして合う料理が限定される。

しかし日本のソースというのは西洋のそれとは大きく違う。

ほとんど「万能調味料」に近い位置づけなのだという。

日本にソースが上陸したのは明治初期。

当時、日本にはしょうゆという確固たる万能調味料が存在しており、洋風の「ソース」をそのまま受け入れる素地(きじ)などなかった。

そこで「洋風じょうゆ」として、どんな料理にも合うというコンセプトで今の味に進化していったと彼はいうのだ。

昨今、アメリカのAmazonのレビューで「日本のマヨネーズ」が絶賛されているというのも、こうした日本的な「マルチ万能さ」ゆえではなかろうか。

近年、世界中で日本食がブームになっている。

しょうゆやマヨネーズと並んで、われらが名古屋の「つけてみそかけてみそ」も、やがて世界に誇る「万能調味料」として認知され、確固とした地位を確立することもありうるかもしれない。

少しずつではあるが、この商品が名古屋土産としてひそかに人気を博し、全国へ拡散しているという。

ひょっとしたら、全国区そして世界のマーケットで広まる、静かな前触れになのかもしれない……。

と考えているのは、名古屋メシをこよなく愛する僕だけだろうか。