エミレーツ航空上級副社長
リチャード・ジュズベリー
英国サウサンプトン大学卒、同国クランフィールド大学院大学修士課程卒。ニュージーランド航空を経て、1996年エミレーツ航空入社。航空機の運用分析、運航計画、財務分析などに携わる。2009年から、現職のコマーシャル・オペレーションズ、東アジア、豪州地域上級副社長。

写真拡大

■エミレーツが提供する“豪華なサービス”とは

エミレーツ航空(以下、エミレーツ)が最初に日本に就航したのは2002年からで、今年で10年目を迎えます。2011年に発生した東日本大震災を境にして、日本から撤退した外国企業もありますが、我々は日本の潜在的な力を信じています。そのため、確固たる信念を持って、毎日1便、成田―ドバイ間の就航をこのたび決定したのです。

実は、ドバイと日本の結びつきは深いものがあります。現在、3500人超の日本人がドバイに滞在し、300社以上の日本企業が活動を展開しています。

ドバイ観光局の調査によれば、日本からドバイへの渡航者は、2012年の第1四半期だけでも25%も増えています。日本とUAE(アラブ首長国連邦)をつなぐ役割を担うのが、我々なのです。

営業的にも、エミレーツは、24年連続して黒字を記録しています。これは、世界の航空業界を取り巻く厳しい状況を考えれば、驚異的な数字といえます。では、なぜ四半世紀にわたり好調を維持し続けることができるのか。

その第一の理由は、ドバイの持つ地理的な優位性です。中東地域のほぼ真ん中に位置し、欧州、アジア、アフリカなどにアクセスしやすい。現在、我々は74カ国、125都市に就航し、中東には17、米国には11、欧州には35カ所の就航地があります。

2つ目は、ドバイという街が持つ観光地、商業地としての長い歴史です。昔から中東の商業地として栄え、その伝統を生かしたビジネスフレンドリーな地域となっています。例えば、フリートレードゾーン(自由貿易地域)など、政府の規制、ビジネス上の規制を極力排除している。そうした点が、世界の富がこの地に集中する大きな要因で、世界の富を運ぶ、その手伝いを我々エミレーツがしているのです。

3つ目は、今回、成田に就航した世界最新鋭の航空機、エアバスA380に代表される「世界最高級のサービス」です。特に弊社のファーストクラスは、最高級ホテルに宿泊していただくようなコンセプトで設計しているため、顧客にとって本当に心地の良い空間になっています。ファーストクラスにシャワールームが2つあるのも特徴です。

そんなドバイにも、かつて厳しい局面があったのは事実です。08年9月に起こったリーマン・ショックで、大きな影響を受け、我々エミレーツのビジネス顧客も減少しました。

しかしながら、金融危機の影響を受けたものの、ドバイは成長し続けていくでしょう。商業、観光、金融などの中東における中核都市として確固たる地位を築いたうえに、世界中から新たな富が流れ込んでいるからです。

UAEには石油を産出し、その富で国をつくっているアブダビがありますが、それと比べてドバイで採掘される石油はごくわずかです。

しかし、ポスト石油の時代はいずれ来る。だから商業、観光、金融などで稼ぎだすドバイのビジネスモデルは、他の国や地域にとってのロールモデルになりうるはずです。

今、航空業界には大きなトレンドの変化が起こっています。我々エミレーツが提供する“豪華なサービス”とは別に、LCC(格安航空会社)がすごい勢いで伸びています。

今後12年から15年の間、特にアジア地域の航空需要は、現在の倍以上の規模に成長するといわれています。我々が提供する高級なサービスと、LCCの安さを売りにしたビジネスモデルの両方が、旺盛な航空需要を背景にして、伸びていく。そしてLCCは短距離路線、エミレーツは長距離路線と、補完し合える関係で成長できるはずです。

今後、エミレーツは、ますますグローバルな活動を展開し、人と人とを結びつける役割の担っていきます。

※すべて雑誌掲載当時

(児玉博=構成 宇佐美雅浩=撮影)