【女性編】アイデアが浮かびやすい場所ランキング


たまには会社のデスクから離れてみよう





仕事が行き詰まったとき、決まっていく場所はありますか? 会社のデスクから離れた場所のほうがいいアイデアが浮かぶ、という人が多いようです。環境に左右されるのかもしれませんね。マイナビニュース会員の女性517名に「アイデアが浮かびやすい場所」を調査しました。





Q.アイデアが浮かびやすい場所を教えてください(複数回答)

1位 ふとんの中 28.8%

2位 お風呂・サウナ 24.0%

3位 歩いているとき 23.4%

4位 トイレ 18.6%

5位 車や電車の中 17.0%







■ふとんの中

・「寝る前に考えごとをしていると、ふとひらめく」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「寝そうなときのほうが、固定観念にとらわれない発想ができる気がする」(24歳/電機/技術職)

・「ふとんに入ってから眠りにつくまでによいアイデアが浮かぶことが多いので、枕もとにメモとペンを置いている」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)





■お風呂・サウナ

・「ぼーっとお風呂につかっていると、思い出したり、いい考えが浮かんだりする」(28歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「体を洗っているときにいろいろと無意識に考えてしまう」(32歳/商社・卸/営業職)

・「いろんなことを考える時間がたくさんあるから。思いついてもお風呂をあがるころには忘れてしまうことが多い」(28歳/商社・卸/専門職)





■歩いているとき

・「ゆっくり景色が流れていると、目に入ったものからアイデアが浮かんでくる」(31歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「体を動かしているときの方が、考えがまとまりやすいと思う」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「血流がよくなるからか、次々と浮かぶ」(24歳/医薬品・化粧品/専門職)





■トイレ

・「考える人の像と同じ姿勢になるから?」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「用を足しながら実験のことを考えるとなぜかひらめく」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「狭い個室は落ち着く」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)



■車や電車の中

・「景色などにヒントが隠れていることがあるし、ひとりでじっくり考えられるので」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「暇なので時間をつぶすついでに考えやすい」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「ふと思いつく。そんなときに限ってメモするものがない……」(26歳/学校・教育関連)





■番外編:外からの刺激を受けてアイデアが浮かぶ!

・居酒屋やバー「いろいろな人を観察できるから」(32歳/機械・精密機器/専門職)

・本屋「おもしろい本などからいろいろ発見できる」(29歳/建設・土木/技術職)

・公園「緑のあるところで、ベンチでゆっくり過ごして落ち着くと、頭の整理がしやすくなりそう」(27歳/小売店/販売職・サービス系)





総評

1位は「ふとんの中」でした。徹夜して考えようとしているときは、無理せずふとんに入って寝てしまったほうがよいということでしょうか。起きたときに忘れないように、枕元にメモとペンは必須!





2位は「お風呂・サウナ」です。誰にも邪魔されず、ひとりきりでリラックスできる空間は、考えごとには最適ですよね。メモをとることができないのが難点ですが……。一日の疲れといっしょにアイデアもきれいさっぱり、ということは避けたいですね。





3位は「歩いているとき」。歩くと血行がよくなり、また視界からの景色もヒントになり、アイデアが浮かぶよう。会社帰りに一駅分歩いてみるというのもいいかもしれません。



ひとりで考えられる場所が多く挙がりましたが、人と話をすることで得られるヒントもありますよね。アイデアが出ずに困ったら、友達や同僚を誘っておしゃべりしてみるのもよいのではないでしょうか。違った視点で新しいアイデアが生まれることもありますよ。(文・OFFICE-SANGA 澤田千春)





調査時期:2012年7月23日〜2012年7月28日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性517名

調査方法:インターネットログイン式アンケート