この猫はどんな猫!? 猫種を学んでみよう (2) くるりとカールした耳が特徴的な猫 -アメリカンカール

写真拡大

外向きにカールした耳がなんともラブリーなアメリカンカール。

その歴史はごく新しいもので、1981年に南カリフォルニアに済むルーガ夫妻の家に迷い込んだ、雌の黒猫の子猫が祖先となっています。

「シュラミス(Shulamith)」と名づけられたこの子猫は、長く伸びた黒いつややかな被毛と金色の美しい目、そして外向きにカールした特徴的な耳を持ち、インパクト十分のルックスでした。

その後、シュラミスは成長して4匹の子猫を生み、このうち2匹がやはり外向きにカールした耳でした。

その耳は遺伝することが判明し、以来この子猫たちを基礎として品種の固定と改良が行われ、その後、新しい品種として各団体に認められることに。

つまり、現在のアメリカンカールは、すべてシュラミスの子孫ということになります。

キャットショーへのデビューは1983年で、1987年にスタンダードが定められ、ニューブリードとして公認されました。

まだ歴史の浅い猫種ではありますが、すでに大きな人気を得ており、今後ますます支持を集める勢いです。

カールした耳は突然変異と見られ、優性遺伝します。

両親がアメリカンカールの場合、子猫がカール耳になる確率は約50%。

最初は普通の猫と変わりませんが、生後1週間前後から徐々にカールし始めます。

左右の耳の間隔は比較的広く、耳の先端は丸みを帯びています。

耳から飾り毛が大きくはみ出しているのも、なんとも魅力的です。

体形はやや筋肉質。

被毛は、現在では短毛種・長毛種ともに認められていますが、先祖のシュラミスが長毛であったため、もともとは長毛種であるとされます。

性格はとてもおとなしく、しつけもしやすく賢い。

成猫になっても、まるで子猫のように無邪気に遊び回るさまがほほ笑ましいです。

そのユニークな耳で、人気急上昇中の猫種。

人なつこく、明るい性格もペット向きです。

短毛種は通常のブラッシングで十分ですが、長毛種は定期的にシャンプーしてあげる必要があります。

カールした耳を触ると軟骨を傷つけてしまうことがあるため、注意が必要です。

ペットショップ「COO&RIKU」