広島県で広島空港リムジンバスの社会実験を10/1より実施、新規2路線を運行

写真拡大

広島県と広島市はこのほど、広島空港リムジンバスの新規路線開拓に向けた社会実験運行を10月1日より実施すると発表した。

広島空港リムジンバス運行会社(広島電鉄、広島バス、広島交通、芸陽バス、中国ジェイアールバス)5社の協力を得て、大塚駅〜広島空港間(西風新都IC経由)に上下各4便、五日市駅北口〜広島空港間(五日市IC経由)に上下各1便をそれぞれ運行させる。

運行期間は12月31日まで。

片道1,300円。

なお、現在運行している広島空港リムジンバスの2路線(広島駅新幹線口〜広島空港間と広島バスセンター〜広島空港間)は、ともに社会実験運行期間も通常通り運行される。