ジャガー・ランドローバー、プラグインハイブリッド試作車「XJ_e」を公開!

写真拡大

ジャガー・ランドローバーはこのほど、「2012 CENEX Low Carbon Vehicle Event」にて、プラグインハイブリッド試作車「XJ_e」を公開した。

クラス最高レベルの低CO2の製品を開発する同社の戦略の一環だという。

この試作車はサプライチェーンにおける極低CO2車両に必要な専門技術の開発支援を目的に開発された。

英国政府技術戦略委員会の「REEVolution プロジェクト」による資金援助を受け、英国を代表するテクノロジー企業と共同で開発したという。

ハイブリッドシステムはパラレルタイプで、パフォーマンスを犠牲にすることなくCO2排出量を70%以上も削減。

エンジン、モーターの総合パワーは334PSに達し、0-100km/h加速は6.5秒以下、最高速度は250km/hとなっている。

また、走行距離40kmまでは電気モーターのみによるゼロ・エミッション走行も可能だ。

バッテリーはリチウムイオンで容量は12.3kWh。

240Vの家庭用コンセントからの充電で、4時間程度でフル充電ができる。

燃費は3.2リットル/100kmとなっており、燃料満タンでの航続距離は1,092kmにもなる。

同社のJLRエンジニアリング・ディレクターのボブ・ジョイス氏は、「私たちは自動車のグリーンテクノロジーに対し英国内で最大の投資企業です。

プレミアム・ラグジュアリーカーの電動化を推進する研究に尽力しています」と述べている。