陳皮や当帰など、計7種の生薬を配合。「カコナール滋養内服液」新発売

写真拡大

医薬品、医薬部外品の製造および売買などを行っている第一三共ヘルスケアは、カコナールブランドから、「カコナール滋養内服液」(指定医薬部外品)を9月17日に発売。

コンビニエンスストアなどで販売される。

メーカー希望小売価格は499円(45mL×1本)。

同商品は、かぜなどの発熱による体力消耗時や、病中病後の栄養補給に適した、1本飲みきりタイプの内服液。

カフェインを配合していないので、就寝前にも服用できる。

葛根湯にも配合されている5種の生薬(大棗(たいそう)、桂皮(けいひ)、シャクヤク、甘草、ショウガ)に、体をあたためる作用のある「陳皮」、滋養強壮作用のある「当帰」を加えた計7種の生薬を配合。

さらに、消耗した体力の回復に効果的な「タウリン」や「ローヤルゼリー」も加わっている。