江崎グリコがデパ地下に出店! スイーツショップ「バトンドール」オープン

写真拡大

江崎グリコは新規チャネルへの本格参入として、スイーツショップ「バトンドール」を新規に立ち上げた。

10月24日に高島屋大阪店、10月25日に阪急うめだ本店のデパ地下にそれぞれ出店する。

販売する商品は、ショップ名と同じ「バトンドール」というブランド。

商品キャッチコピーは「澄ましバターの黄金スティック」で、フランス産小麦粉を使用して焼き上げたプレッツェルに、澄ましバターをたっぷり染み込ませた。

プレッツェルには、さらにくちどけのいいチョコレートをコーティング。

製品完成後、数日間寝かすことでバターとチョコレートが混ざりあい、つやのあるなめらかな口触りと独特のコクを味わうことができるという。

味はミルク、ホワイト、ストロベリー、宇治抹茶、カフェの5種。

20本入りで価格は481円。

販売店舗は阪急うめだ本店(10月25日オープン)、高島屋大阪店(10月24日)の2店。

阪急うめだ店においては、同日にグランドオープンする新装フロアでのオープンとなる。

同社は2店舗合計で、年間5億円の売り上げを目指す。