うちの子は就職できるの!? 大学3、4年生の子を持つ親の6割が心配!

写真拡大

ベネッセコーポレーションは11日、「大学生の保護者の意識調査」についての調査結果を発表した。

この調査は、同社の社内シンクタンク「ベネッセ教育研究開発センター」が3月24日〜27日に行ったインターネット調査。

大学生の子どもを持つ全国の父親・母親それぞれ3,000人から回答を得た。

「卒業後にすぐ就職できるか心配になったことがあるか」との問いには、約25%の親が「とても心配」と回答。

「まあ心配」と答えた親を含めると、約60%の親が不安を感じていることが分かった。

また、父親よりも母親の方が心配に思っている比率は高く、特に3、4年生の男の子を持つ母親では「とても心配」が30%を超えた。

「大学から提供してほしいと思う情報」に関しては、48.2%の親が「卒業生の詳細な就職率、就職先」と回答した。

実際に大学から情報が提供されたかについては、75.3%の親が「提供された」と答えているが、その情報が「十分ではない」と感じた親は54.3%に上った。

4年生の子を持つ親を対象に「就職・進路への関与」について聞いたところ、「子どもの進路に関する情報を、インターネットや雑誌・書籍などから情報収集した」と答えた親は37.7%。

「大学の説明会や相談窓口を利用して、子どもの進路に関する相談をした」と答えた親は15.3%だった。

その一方で、「就職に関して、親ができることは少ない」と、感じている親は72.3%に上った。

アンケートの詳細結果は「ベネッセ教育研究開発センターの公式ページ」で閲覧できる。