ベネッセ、小学生高学年向きの自宅英語学習「BE-GO Jump High」スタート

写真拡大

ベネッセコーポレーションは、小学校高学年対象の自宅英語学習講座「BE-GO Jump High(ビーゴ・ジャンプ・ハイ)」を開講した。

「BE-GO」シリーズは、小学生の子どもが自宅でパソコンとヘッドフォンマイクを使い、会話をしながら英語を学ぶ講座。

発音認識プログラムでネーティブスピーカーに近い発音で話せているかどうかを、「音素の発音」「アクセント」「イントネーション」で判定するなど、自宅にいながら実社会で役立つ英会話力を身につけることができる。

このほど開講した「ビーゴ・ジャンプ・ハイ」は、シリーズの上級コースに位置付けられるもの。

対象は小学校で英語活動を行い、かつ中学での英語学習が控えている小学校高学年となっている。

同教材は、英会話力を磨くことができると同時に、中学校の英語の授業で出る、文法、読み書きにも役立つ教材となっていることが大きな特長だ。

実際に使うシチュエーションを通じて文法を学ぶことができる「シチュエーション文法学習」や、タッチペン式の書きトレーニングマシーンなどをプログラミング。

中学校で求められる「文字を読む・書く」ことにつまづかないよう配慮された内容となっている。

また、アセスメントテスト「GTEC Junior ライト版」を導入。

身に付いた英語力を判定するとともに、「中2レベル相当」など、中学レベルに置き換えたレベル判定とアドバイスを確認することも可能。

同教材は2カ月ごと、全9回のシリーズ。

受講費は毎巻払い5,880円、一括払い4万6,260円。