高速トリビア (19) 「より見やすく!」を追求 -  『案内標識』の”深すぎる”歴史とは?

写真拡大

高速道路で使用する案内標識は、利用者の視認性を向上させるため、平成22年にフォントの変更と文字サイズのアップを行いました。

変更点は、(1)文字を大きく、(2)より見やすいフォントに変更、という2つです。

和文はJHゴシックからヒラギノゴシックへ、英文はノイエハースグロテスクからビアログミディアムに変わりました。

どちらもやや線が太く、横幅が広くなっており、従来のサイズより5cm大きくなっています。

従来は英字が日本語の半分以下のサイズだったのに対し、新しい標識では英字のサイズが日本語の半分以上のサイズになっています。

比べてみると、より見やすくするための改善だということが分かります。

昭和38年7月16に、日本において初めての高速道路である名神高速道路の栗林IC〜尼崎IC間が開通しました。

開通にあたり、標識についてもさまざまな検討がなされました。

アメリカやイギリスなどの4カ国の事例を参考に、日本に合った大きさや色、意匠などを走行実験や200名もの有識者の意見を基に決定していきました。

例えば、欧州では分岐に多数の地名と図形(地図)を掲載していましたが、日本では出口が左1カ所と単純であったため、2地名を原則として記載する仕様にしました。

また、案内標識の地色は、欧州の青、アメリカの緑のどちらを採用するか検討の末、緑色を採用しました。

緑色になった背景には、夜間走行実験中にヘッドライトに照らされた青色の反射シートが、参加者全員に緑と誤認されたということがあります。

文字の大きさについては、土木研究所の研究結果と併せ、動く物体に対する視認距離が短くなるという説があったため、先行して施工された試験工区で夜間走行実験を行うなどしました。

こうした実験の結果、標識文字の大きさは50cm角となりました。

標識のデザインは、3人の新進グラフィックデザイナーを加えて検討し、最終的に4案を作成しました。

各案は実物大の標識としてテストコースに設置し、200名以上がコースを走行して観察を行いました。

その中で最も高い評価を受けた案が、初の大型案内標識として設置されました。

平成22年の変更は昭和38年の制定以来、初めての文字の変更です。

これ以降、新しく開通する区間に設置する標識や、老朽化によって更新が必要となった標識に新しい文字が使用されています。

より見やすく、分かりやすく。

快適な走行のため、高速道路標識の改善は今日も地道に行われているのです。