向後の7日株!:iPad発表で市場活性化!漫画の商品数業界随一の電子書籍株 (365X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

イーブック(3658)が今日の注目銘柄!

楽天(4755)が電子書籍端末「kobo」を発売、米アマゾンが新「キンドル・ファイア」を発表、グーグルも「ネクサス7」を今年7月に発売、そして、アップルも10月にも従来より画面サイズが小さい「iPad(アイパッド)」を発表するとみられており、タブレット(多機能携帯端末)の品揃えが拡充され、電子書籍市場の活性化が期待されます。

そこで、漫画の商品数が業界随一で、運営サイトにおける電子書籍配信が収益柱の同社に注目します。なお、講談社が紙と同時発売の対象を拡充したほか、日本文芸社なども1カ月遅れで電子化するようになったため、電子書店は古本店から新刊書店になりつつあるそうです。このような国内出版業界の対応も、国内電子書籍市場の成長に寄与することでしょう。

このような状況下、同社の電子書籍閲覧ソフトである「ebiReader」「ebi. BookReader」を、オリジナルの画像フォーマットであるこれまでのebi形式に加え、今秋より順次、ドットブック(.book)、XMDFおよび国際規格であるePub形式等のテキストフォーマットに対応させていく予定です。この対応により、現時点での売上高に占める一般書籍売上の割合は5%未満ですが、将来的には一般書籍売上が数倍になることを見込んでいます。これが今後の期待材料です。

一方、業績は好調です、13年1月期第2四半期(累計)個別業績は上振れ着地しました。第2四半期(累計)個別業績は、売上高13億5300万円(従来予想比1.0%増)、営業利益2億200万円(同50.4%増)、経常利益2億200万円(同50.6%増)、四半期純利益1億1,400万円(同45.3%増)となりました。

チャート的には、25日移動平均線(12日現在、1872円)や、日足ベースの一目均衡表の雲(同、1862円―1962円)にサポートされた上昇トレンドの継続を想定しています。7月3日の2290円を上抜ければ、上昇ピッチに弾みがつくとみています。メインシナリオは、25日移動平均線にワン・タッチ後、高値トライというイメージです。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。