(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●孫権、陸遜を大都督へ任命する!
劉備軍の猛攻に困り果てた孫権は陸遜を呼び大都督へ任命します。その陸遜を推挙したのは諸葛瑾。弟である孔明の全てを知り尽くした兄・諸葛瑾の目には狂いは無い、それを孔明が懸念しているようですが…。

その劉備も何かの病気のようで妙な咳をしています。孔明もそれが少し気掛かりなのですが…。
●陸遜、持久戦に出る!
劉備軍は陸遜軍と対峙しますが、陸遜は持久戦へと出て全く動こうとしません。それは季節風を狙う陸遜の策略。東南の風が吹き、陸遜は火計を仕掛け劉備軍は大敗北を喫します。

しかし、劉備は孔明の用意したとされる10万の兵を頼りに撤退します。

ちなみに孔明の準備した10万の兵とは「八陣図」、見かけは単なる石の壁ですが、まるで樹海のような存在で陸遜も危うく死ぬところでした。
●劉備、永安城にて関羽・張飛の夢を見る!
大敗して永安城にへ静養する劉備は関羽・張飛の夢を見ます。これによって劉備は関羽・張飛の恨みは消えた事を認識します。

そして孔明と劉禅がやってきて、劉備は孫権への和平の意思を伝えます。そこで関平を使者に立て、孫権へ和平を申し立てるもあっさり断られますが…。

曹丕軍が孫権軍の隙を突いて攻め込んできます。そのため孫権は関平に和平は無理でしたが一時休戦を申し出ます。
●劉備の死
孫権との一時休戦を決めた劉備は死期を悟り、孔明を呼びます。

劉備は孔明に幼き劉禅の輔佐を任せるも、劉禅に才覚が無ければ孔明が代わって蜀を治めて欲しい、そう嘆願します。

※劉備の本心を知った孔明は雨の中、泣きます。

そして、最後の力を振り絞った劉備は孔明に後事を任せると安心したように力尽きます。

劉備の死によって、蜀の運命は孔明の双肩にかかる事になったのです。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第62話「痛恨! 張飛憤死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第61話「漢王朝滅亡」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第60話「曹操の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第59話「関羽の亡霊」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第58話「関羽死す」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト