(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●張飛の死
張飛は部下であった張達・范彊からの毒矢による不意打ちにより絶命する事となります。

この件は劉備が関羽の仇討ちのためである、孫権に対する出兵をためらったことが遠因となっていたため、この事件によって劉備は改めて孫権討伐を決意させることになります。

※更にその張飛の仇である張達・范彊は孫権へと降っています。これもあり劉備の怒りは頂点に達します。
●諸葛瑾、劉備への和睦の使者となすが…
孫権は劉備軍70万に対して出来れば戦争は避けたい考えです。そこで諸葛瑾は張達・范彊等を含めた関羽・張飛の仇を全て差し出し、貞姫を劉備の元へ帰そうと申し出たのですが…。

しかし、劉備は断固拒絶します。どうしても孫権と劉備の戦争は避けられず、曹丕の元へ救援の使者を立てます。
●若い関平の活躍あれど、老将の黄忠戦死する!
関平は孫権軍との戦いで目覚ましい活躍を見せます。劉備も若い武将の台頭を嬉しく思っていたのですが…。老将の黄忠は老いぼれだと馬鹿にされたと思い、孫権軍へ突撃をします。

初めこそ大きな活躍を見せた黄忠ですが、深追いをしすぎて矢で胸を射抜かれてしまいます。残念ながら胸の矢傷が致命傷となり黄忠は絶命してしまいます。
●関羽、張飛の仇討ち!
関平は関羽の仇の一人である傅士仁と出会います。ところが傅士仁は関平から逃げ出し、森の中へと紛れると関平も追う事にします。

夜、関平はごく普通の民家へやってくると何と関羽の絵が祀られています。どうやら関羽は神様として見られているようです。

※余談ですが、現在の中国でも関羽は酒や商業の神様として祀られている地域もあります。

そこに偶然やってきたのは傅士仁、関平は一撃の元に傅士仁を葬ります。これも関羽のお導きなのかもしれません。
●孫権、劉備へ和睦を申し入れる!
勢いを増す劉備軍、孫権は再び和睦を申し入れる為に張達・范彊を引き渡します。もちろん劉備によって張達・范彊は斬首されましたが…。

劉備は全く和睦に応じるつもりはありません。しかし、そこに貞姫がいます。劉備の妻である貞姫、その愛は今でも変わらないようですが…。

和睦の道具として使われる貞姫、その悲恋の結末は…。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第62話「痛恨! 張飛憤死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第61話「漢王朝滅亡」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第60話「曹操の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第59話「関羽の亡霊」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第58話「関羽死す」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト