ポプラグループの全店で、電子マネー「iD」と「WAON」が利用可能に

写真拡大

ポプラは11日、イオンクレジットサービスおよび三井住友カードと協力し、ポプラグループ全店(「ポプラ」「生活彩家」「くらしハウス」「スリーエイト」)で、電子マネー「iD(アイディ)」と「WAON(ワオン)」の取り扱いを開始すると発表した。

8月31日に33店舗でサービスを開始しており、今後段階的に対象店舗を広げ、10月末をめどにポプラグループの約700店全店に導入を完了する予定。

ポプラでは、2005年11月に全店舗で「楽天Edy」の取り扱いを開始している。

このたび新たに「iD」と「WAON」を導入し、拡大する電子マネー決済ニーズに対応することで、顧客の利便性向上を図るという。

今後も各社は協力し、顧客の更なる利便性向上と各決済サービスの利用促進を図っていくとしている。