北海道最初の鉄道の軌跡たどる「幌内鉄道130周年」ツアー発売 - JR北海道

写真拡大

JR北海道は、北海道初の鉄道「幌内鉄道」の全線開通130周年を迎えるのを記念して、幌内鉄道のルートをたどりその歴史に触れる1泊2日のツアーを企画し、参加者を募集する。

幌内鉄道は、幌内炭鉱の石炭を手宮港に運ぶために北海道開拓使により建設され、1882(明治15)年11月13日に幌内〜手宮間の全線が開通した。

現在は廃止されているが、旧幌内駅は三笠鉄道記念館として、旧手宮駅は小樽市総合博物館としてそれぞれ整備され、両施設とも北海道における鉄道輸送の歴史を伝える貴重な施設となっている。

旧手宮駅(小樽市総合博物館)から旧幌内駅(三笠鉄道記念館)まで幌内鉄道のルートをたどるのは、ツアーの1日目。

小樽〜札幌間および苗穂〜岩見沢間は団体専用臨時列車(お座敷車両)を使用、その他の行程は貸切バスを使用する。

小樽市総合博物館では幌内鉄道に関するレクチャーを受けられ、三笠鉄道記念館では解説付きで館内を見学できる。

途中の札幌では、北海道遺産や近代化産業遺産に認定されている「北海道鉄道技術館」にも立ち寄るという。

2日目は三菱大夕張鉄道保存会の今井一郎事務局長が同行、トンネル遺構や南大夕張駅跡など夕張に残る数々の鉄道遺産を案内する。

夕張鉄道や大夕張鉄道で活躍した車両などを収蔵する「石炭の歴史村SL館」もこのツアーのために特別に開館し、ツアー参加者のみ見学を受け入れる。

記念ツアー「『幌内鉄道』と夕張の鉄道遺産めぐり」は10月13日出発。

札幌駅または小樽駅発着、1泊(ホテルマウントレースイ)付きで大人2万500〜2万6,000円。

募集定員は40名。

JR北海道の駅・旅行センターにて受け付けている。