JR只見線の只見〜大白川間、10/1より運転再開 - 田子倉駅は全列車通過

写真拡大

昨年7月に発生した新潟・福島豪雨の影響で運転を見合わせている只見線会津川口〜大白川間のうち、只見〜大白川間が10月1日より運転再開することになった。

JR東日本仙台支社と新潟支社がこのほど発表した。

只見〜大白川間では現在、バスなどによる代行輸送が行われているが、9月30日をもって代行輸送は終了し、翌日より同区間で列車3往復が運転(すべて只見〜小出間の運転)されることに。

途中駅の田子倉駅(臨時駅。

冬季は閉鎖される)には全列車停車しない。

残る運転見合わせ区間である会津川口〜只見間については、いまだに列車の運転再開の見込みは立っておらず、引き続き代行バスの運転を続けるという。

なお、只見線に関しては、9月23日より会津坂下〜会津川口間の運転保安方式を「タブレット閉そく式」から「特殊自動閉そく式」に変更することも発表されている。