ビジネスパーソンの94%が気にしてる「口臭」。デキる人の「ニオイ」とは?

写真拡大

江崎グリコは2012年8月、全国に住む20〜50代の男女の就業者計824名を対象に、ビジネスシーンにおける口臭ケアについての調査を実施した。

最初に「あなたは自分の口臭を気にしていますか?」と尋ねたところ、「まあ気にしている(50.8%)」がトップ。

続いて「いくらか気にしている(22.0%)」、僅差で「とても気にしている(21.5%)」という結果になり、全体として94%が口臭を気にしているという結果になった。

また、5人中3人以上が以前(2〜3年前)に比べ口臭に気をつける傾向にあると回答している。

続いて「仕事をする上で、相手の口臭が原因で直接のコミュニケーションを避けたいと思ったことはありますか?」と質問。

全体では45.5%(女性は52.7%、男性は38.1%)が「ある」と回答した。

特に女性は、2人に1人が口臭が原因でビジネスの付き合い方が変わったと回答している。

一方、「他人から口臭があると言われた経験はありますか?」という質問では、「ある」と回答した人が17.1%。

他人の口臭は気になるが自分の「自覚症状」がなく、気付かない内に嫌がられている人もいる可能性があることが分かった。

「仕事ができる人・優秀だと思う人」のニオイの印象について尋ねると、「無臭」がトップ。

続いて「爽やか」「清潔」「(ほのかな)香水」「ミント系」となった。

また、口臭の原因のひとつでもある、舌苔(ぜったい)を落とす「舌ケア」について質問したところ、「舌ケア」を実施している人は3割。

その他の7割以上も舌ケア商品を勤務中に取り入れていきたいと考えていることが明らかになった。