ハーマンミラーの名作&新鋭ポスターを集めた世界巡回展、六本木で開催

写真拡大

 米国家具メーカー ハーマンミラーの新旧ポスターを集めた展覧会「Then x Ten(ゼン・バイ・テン)」が、六本木のアクシスギャラリーで10月30日から開催される。Charles&Ray Eames(チャールズ&レイ・イームズ)などが手掛けた過去のポスターと、現代のアーティストやデザイナーが同社のプロダクトをモチーフに新たに制作したポスターを10点ずつ展示。それぞれの時代にデザイナーとのコラボレーションで育まれたハーマンミラーのデザインヘリテージを、ポスターデザインの変遷で表現する。入場は無料。 ハーマンミラーのポスター展の画像を拡大

 「Then x Ten」は2012年8月にオーストラリアで開催され、9日間で2,500人以上が来場した巡回イベント。10月6日からはシンガポール、2013年2月にはインド、その翌月には香港での開催も予定されている。会場内では、新旧ポスターを各10点ずつ並べ、ポスターのモチーフとなったアーロンチェアやイームズシェルチェア、イームズラウンジチェア&オットマンなどをポスターとともに展示。「Then」を指す過去のポスターにはCharles&Ray EamesやAlexander Girard(アレキサンダー・ジラルド)、Steve Frykholm(スティーブ・フリックホルム)の作品が登場し、10人のアーティストやデザイナーそれぞれが新たに制作した「Ten」のポスターには、カラフルな色彩でグラフィックやアニメーション等、様々な分野で奇才ぶりを発揮する田名網敬一(Keiichi Tanaami)がネルソンマシュマロソファをモチーフに描いた作品などが飾られる。 1923年に創業したハーマンミラーは、デザインを企業理念のひとつに掲げ、家具のデザインの他にもグラフィックデザインを重要な要素と捉えて企業活動を行っているモダンデザインのアイコン的存在。各時代に活躍してきたデザイナーによるポスターはグラフィックデザインの変遷の中でも重要な役割を担っている作品が数多くあり、世界各国のデザインミュージアムの永久収蔵品にも選ばれている。■ハーマンミラーポスター展「Then x Ten」 期間:2012年10月30日(火)〜 11月7日(水)    12:00〜20:00 (最終日11/7は12:00〜17:00) 会場:アクシスギャラリー    東京都港区六本木5-17-1    03-5575-8655    http://www.axisinc.co.jp/gallery/ 入場:無料